コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蔵王[町] ざおう

百科事典マイペディアの解説

蔵王[町]【ざおう】

宮城県南部,蔵王山東麓を占める刈田(かった)郡の町。蔵王山の登山基地で,遠刈田(とおがった)温泉がある。西部の七日原(なのかはら)の開拓が進み,リンゴ,ナシの生産が盛ん。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ざおう【蔵王[町]】

宮城県南西部,刈田(かつた)郡の町。人口1万3915(1995)。白石市の北に接し,蔵王山東麓を占める。阿武隈川の支流白石川に注ぐ松川が東流し,東部は白石盆地から続く円田盆地となる。刈田嶺神社鳥居前町に起源をもつ宮は,近世に奥州街道宿場町として発展,本陣が置かれ,参勤交代などでにぎわった。畑地が多く,リンゴ,桃,梨などの果物では県内有数の産地となっている。後烏帽子岳東麓の七日原では酪農や高冷地野菜の生産が行われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蔵王[町]の関連キーワード遠刈田[温泉]蔵王国定公園

蔵王[町]の関連情報