コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虹ノ松原 にじノまつばら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

虹ノ松原
にじノまつばら

佐賀県北部,唐津湾沿いにある海岸の松原唐津市松浦川河口から浜崎の間約 5kmに広がる。慶長年間(1596~1615)初代唐津城主寺沢広高が農地保護のため植林したのが始まり。三保の松原天橋立と並ぶ日本三大松原の一つで,国の特別名勝に指定されている。背後の鏡山領巾振山)は松浦佐用姫の伝説のある景勝地で,虹ノ松原とともに玄海国定公園の一部。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

虹ノ松原【にじのまつばら】

佐賀県唐津市東部から浜玉町(現・唐津市)にわたる砂州上の松原(特別名勝)。約5kmに及び弧状をなし,クロマツの老木が多い。海浜は海水浴場。17世紀末唐津藩主が防風林として植林したという。
→関連項目唐津[市]玄海国定公園浜玉[町]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にじのまつばら【虹ノ松原】

佐賀県東松浦郡浜玉町から唐津市の松浦川河口にかけて,唐津湾の奥部,松浦潟の砂丘列に弧を描いて連なる松原。延長約5km,幅400~600mに及ぶクロマツ林の松原で,日本三大松原の一つともいわれ,特別名勝に指定されている。防風林,防砂林として,初代唐津藩主寺沢広高が,もとの自然林にさらに植林したものと伝える。背後の鏡山(284m)からの眺望は絶景で,玄海国定公園の一角をなしている。東ノ浜海水浴場,キャンプ場などもあるが,松原の保護対策にも迫られている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔佐賀県〕虹ノ松原(にじのまつばら)


佐賀県北部、唐津(からつ)湾湾奥に広がる松原。唐津市浜玉(はまたま)町から唐津市街地東方の松浦川河口右岸にかけて弧状にクロマツ林が続く。幅約300~700m、長さ約5km。日本三大松原の一つ。国指定の特別名勝。慶長(けいちょう)年間(1596~1615)、唐津藩主が自然林に加え防風林を植林したものといわれる。玄海(げんかい)国定公園に属し、海水浴場・保養地として知られる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

虹ノ松原
にじのまつばら

玄界灘(げんかいなだ)に面する唐津(からつ)湾の湾奥部、松浦潟(まつらがた)の砂丘列に連なる松原。佐賀県唐津市にある。三保松原(みほのまつばら)、天橋立(あまのはしだて)とともに日本三大松原の一つといわれ、国の特別名勝。東西の長さ約5キロメートル、南北の幅はだいたい400~600メートル。クロマツ林をなし、その本数は100万本にも及ぶという。初代の唐津藩主寺沢志摩守広高(てらさわしまのかみひろたか)が、防風・防砂林などとして、元の自然林にさらに植林を加えたものと伝える。1771年(明和8)唐津藩の百姓・漁師が連合し、藩主水野氏に対して一揆(いっき)を起こし集結した所としても知られる(虹ノ松原一揆)。松原の中を県道347号(虹の松原線)が通り抜け、松原の南縁をJR筑肥(ちくひ)線が通じる。排気ガス、松くい虫、ニセアカシア、さらに海岸侵食や建物の蚕食などがみられ、それらの対策に迫られる。玄海国定公園の一角で、背後の鏡(かがみ)山(284メートル)からの眺望は絶景で、眼下に虹ノ松原が弧を描く。海浜は東の浜海水浴場で知られ、ホテル、国民宿舎、キャンプ場などがある。[川崎 茂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

虹ノ松原の関連キーワード鏡山(佐賀県)浜玉[町]佐賀(県)唐津(市)舞子ノ浜冨田才治筑肥線玉島川

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

虹ノ松原の関連情報