コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古都京都の文化財 こときょうとのぶんかざい〈きょうとし、うじし、おおつし〉

世界遺産詳解の解説

こときょうとのぶんかざい〈きょうとし、うじし、おおつし〉【古都京都の文化財】

1994年に登録された日本の世界遺産(文化遺産)で、京都府の京都市、宇治市と滋賀県大津市にある17の歴史的建造物と緩衝地帯である。登録された物件は、賀茂別雷(わけいかづち)神社(上賀茂神社)、賀茂御祖(みおや)神社(下鴨神社)、教王護国寺東寺)、清水寺延暦寺醍醐寺、仁和(にんな)寺、平等院宇治上神社高山寺、西芳(さいほう)寺(苔寺)、鹿苑(ろくおん)寺(金閣寺)、慈照寺(銀閣寺)、天龍寺龍安寺、本願寺(西本願寺)、二条城。794年(延暦13)、桓武天皇によって平安京が建設されて以来、1000年以上にわたり日本の都として栄えた古都・京都には、平安時代から江戸時代にいたる各時代の文化的背景を伝える貴重な建物や庭園が数多く残されている。◇英名はHistoric Monuments of Ancient Kyoto(Kyoto, Uji and Otsu Cities)

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古都京都の文化財の関連情報