親分・子分(読み)おやぶん・こぶん

百科事典マイペディアの解説

親分・子分【おやぶん・こぶん】

親方・子方〉とも。ある特定の社会集団の中で庇護者が従属者との間に結ぶ支配・被支配関係のことをいうが,特に両者の関係が全人格的で仮の親子関係に類するものをいう。したがって親分親方)は子分(子方)の生活上の世話をやき,子分は公私ともに親分に従う。このような関係は,日本社会の家族主義的性格を示す一つの特色で,農村や都市の職人・職工の親方制度,鉱山の友子(ともこ),沖仲仕,やくざ・的屋(てきや)仲間などにみられる。→網元・網子
→関連項目侠客

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

親分・子分の関連情報