親分・子分(読み)おやぶん・こぶん

百科事典マイペディアの解説

親分・子分【おやぶん・こぶん】

親方・子方〉とも。ある特定の社会集団の中で庇護者が従属者との間に結ぶ支配・被支配関係のことをいうが,特に両者の関係が全人格的で仮の親子関係に類するものをいう。したがって親分親方)は子分(子方)の生活上の世話をやき,子分は公私ともに親分に従う。このような関係は,日本社会の家族主義的性格を示す一つの特色で,農村や都市の職人・職工の親方制度,鉱山の友子(ともこ),沖仲仕,やくざ・的屋(てきや)仲間などにみられる。→網元・網子
→関連項目侠客

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

親分・子分の関連情報