赤光(しゃっこう)(読み)しゃっこう

  • 赤光

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

斎藤茂吉の第一歌集。1913年(大正2)10月東雲堂書店刊。05年(明治38)より13年8月に至る834首を逆年代順に収める。改選『赤光』は21年11月東雲堂書店刊(25年8月改選3版、春陽堂刊、これを定本とした)。改選版では年代順に戻し、改作と削除によって760首になった。この歌集は作者の名を一躍有名にし、芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ)、佐藤春夫をはじめ文壇にも影響を与えた。13年作「おひろ」、「死にたまふ母」(「のど赤き玄鳥(つばくらめ)ふたつ屋梁(はり)にゐて足乳根(たらちね)の母は死にたまふなり」)は愛と死を歌ってとりわけ深い生命の悲歌を成就している。初期の作では正岡子規(まさおかしき)を模倣しながら独自の濃厚な世界を示す「地獄極楽図」が注目される。初版の混沌(こんとん)と衝迫は、改選版において作品の完成と写実方向への修正に向けられた。

[上田三四二]

『『赤光』(岩波文庫)』『佐藤佐太郎著『茂吉秀歌 上』(岩波新書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android