コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤穂[市](読み)あこう

百科事典マイペディアの解説

赤穂[市]【あこう】

兵庫県南西端,千種(ちくさ)川中・下流域を占め,播磨灘に臨む市。1951年市制赤穂線,山陽自動車道が通じる中心市街は浅野氏などの城下町として発達。藩政時代以来の製塩のほか,製薬・繊維・鉄鋼・金属,セメント工業が行われ,塩田を工業地に転用するなど播磨工業地域の造成も進む。大石神社,花岳寺,大石良雄宅跡(史跡)など赤穂浪士の史跡が多く,塩と海に関する市立海洋科学館がある。山陽本線,国道2号が通じる。126.86km2。5万523人(2010)。
→関連項目赤穂塩田

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あこう【赤穂[市]】

兵庫県の南西端,播磨灘に面する市。1951年赤穂町と坂越町,高雄村が合体,市制。人口5万1426(1995)。市街地は千種(ちくさ)川の三角州上に発達し,赤穂浪士と製塩で知られる。江戸初期に浅野氏が建設した城下町で,製塩も赤穂藩殖産興業政策の成果である。明治時代に塩は専売制になり,塩田は最盛期に400haをこえたが,1950年代に流下式製塩に代わって面積は激減し,さらに72年にイオン交換樹脂膜法による化学製塩に切り替えられて赤穂塩田の歴史を閉じた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android