コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足尾[町] あしお

百科事典マイペディアの解説

足尾[町]【あしお】

栃木県西部,上都賀(かみつが)郡の旧町。足尾銅山を中心に発達した鉱山町。全町山地で,渡良瀬(わたらせ)川上流にわたらせ渓谷鉄道が通じる。銅山は1610年発見,江戸時代は銅山奉行が直轄,1661年―1687年最盛期を迎え,1684年には銅40万貫を産出。明治以後古河市兵衛が譲り受け,近代的な採鉱・製錬法の採用などにより全国産銅の4割を占める大銅山となった。しかし,生産増大に伴い鉱毒が流出,足尾鉱毒事件をひき起こした。1968年には月産銅量500t,製錬量は輸入鉱,国内鉱を含め月産3000tであったが,1973年閉山,360年にわたる歴史の幕を閉じた。鉱山跡は荒涼とした景観を呈し,製錬所は輸入鉱の製錬を行っているが,人口も激減した。西部の皇海山(すかいさん),庚申山(こうしんざん)は日光国立公園に属する。2006年3月今市市,塩谷郡藤原町,栗山村と日光市へ編入。185.79km2。3521人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あしお【足尾[町]】

栃木県西端,上都賀(かみつが)郡の町。人口4380(1995)。渡良瀬川最上流域の足尾山地を占める。わたらせ渓谷鉄道線が通じる。1610年(慶長15)に発見され,江戸幕府直轄の銅山として栄えた足尾鉱山を中心に発達した鉱山町で,鉱山は明治初期に古河鉱業(現,古河機械金属)の経営に移ったが,大正中期の最盛期には人口3万8000人を数え,県内では宇都宮市に次いだ。明治中期には足尾鉱毒事件が起こり,大正期にかけて労働争議が頻発した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android