コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足尾[町] あしお

百科事典マイペディアの解説

足尾[町]【あしお】

栃木県西部,上都賀(かみつが)郡の旧町。足尾銅山を中心に発達した鉱山町。全町山地で,渡良瀬(わたらせ)川上流にわたらせ渓谷鉄道が通じる。銅山は1610年発見,江戸時代は銅山奉行が直轄,1661年―1687年最盛期を迎え,1684年には銅40万貫を産出。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あしお【足尾[町]】

栃木県西端,上都賀(かみつが)郡の町。人口4380(1995)。渡良瀬川最上流域の足尾山地を占める。わたらせ渓谷鉄道線が通じる。1610年(慶長15)に発見され,江戸幕府直轄の銅山として栄えた足尾鉱山を中心に発達した鉱山町で,鉱山は明治初期に古河鉱業(現,古河機械金属)の経営に移ったが,大正中期の最盛期には人口3万8000人を数え,県内では宇都宮市に次いだ。明治中期には足尾鉱毒事件が起こり,大正期にかけて労働争議が頻発した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

足尾[町]の関連キーワード日光国立公園古河市兵衛皇海山庚申山

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android