コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近江八景(美術) おうみはっけい

百科事典マイペディアの解説

近江八景(美術)【おうみはっけい】

日本画の画題として愛好された琵琶湖畔の景勝。瀟湘(しょうしょう)八景になぞらえて選ばれたもので,比良暮雪,堅田落雁,唐崎夜雨,三井晩鐘,瀬(勢)田夕照,粟津晴嵐,矢走(橋)帰帆,石山秋月の八景
→関連項目比良山地琵琶湖国定公園満月寺

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

近江八景(美術)の関連キーワード歌川広重今村紫紅

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android