コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近江八景(美術) おうみはっけい

1件 の用語解説(近江八景(美術)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

近江八景(美術)【おうみはっけい】

日本画の画題として愛好された琵琶湖畔の景勝。瀟湘(しょうしょう)八景になぞらえて選ばれたもので,比良暮雪,堅田落雁,唐崎夜雨,三井晩鐘,瀬(勢)田夕照,粟津晴嵐,矢走(橋)帰帆,石山秋月の八景。
→関連項目比良山地琵琶湖国定公園満月寺

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

近江八景(美術)の関連キーワードアマチュア花鳥画雁皮紙君子琵琶湖琵琶湖国定公園古筆鳰照るや琴高仙人琵琶湖環状線

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone