進歩党(日本)(読み)しんぽとう

百科事典マイペディアの解説

1896年大隈重信を党首とし,立憲改進党を中心に立憲革新党,大手倶楽部などが合併した政党。日清戦争後,第2次伊藤博文内閣と提携した自由党に対抗する過程で結成された。責任内閣制の設立,国権拡張,財政整理などを主張したが,次第に藩閥政権に妥協し,第2次松方正義内閣の外務大臣に大隈を送った。1898年自由党と合同して憲政党を結成。
→関連項目ウォーレス改進党憲政本党幣原喜重郎島田三郎高田早苗東海散士町田忠治

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android