進歩党(明治時代中期)(読み)しんぽとう

  • 明治時代中期
  • 進歩党

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

明治時代中期の政党。日清(にっしん)戦争後の第9議会の開会を目前に、第二次伊藤博文(ひろぶみ)内閣が自由党と公然と提携したことに刺激を受け、1896年(明治29)3月1日、立憲改進党を中心に立憲革新党、財政革新会、中国進歩党、大手倶楽部(くらぶ)、越佐会、同志会の諸派と一部の独立議員が合同して結成した。所属議員は99名を数え、進歩主義にたつことを宣言し、その政綱に責任内閣の完成、国権拡張、財政整理などを掲げ、大隈重信(おおくましげのぶ)を事実上の党首とした。大隈は、同年9月成立の第二次松方正義(まさよし)内閣に言論・集会・出版の自由、民間の人材登用など進歩党の要求する諸政策実現を条件に外相として入閣、進歩党も11月の臨時大会で松方内閣支持を表明、政府与党となった。続く第10議会では、海軍拡張費を含む軍拡予算案、貨幣法案など戦後経営のための重要諸法案を成立させた。議会閉会後の1897年3月大隈が農商務相を兼任し、4月党幹部が農商務次官や局長、県知事などに就任し、さらに8月、新設された勅任参事官にも登用されるに及んで、官僚勢力との対立が表面化した。政府が次年度予算編成の方針として地租増徴案を採用しようとしたため、進歩党はこれを容認できず、11月松方内閣との提携を断絶し、在官の党員も一斉に辞任した。第11議会では、自由党の提出した政府不信任案に同調して衆議院は解散となり、内閣を総辞職に追い込んだ。1898年1月、第三次伊藤内閣との提携交渉が不調となり、第12議会には野党として自由党と提携、政府提出の地租増徴案を否決した。このためふたたび衆議院は解散となったが、この間に進歩・自由両党は接近し、6月21日解党して翌22日に憲政党を結成した。

[宇野俊一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android