コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野村万作 のむらまんさく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野村万作
のむらまんさく

[生]1931.6.22. 東京
和泉流狂言方の楽師。本名二朗。6世野村万蔵の二男。父 6世万蔵と祖父初世野村萬斎に師事。1934年『靭猿(うつぼざる)』のサルで初舞台。1950年『三番叟』,1956年『靭猿』,1960年『花子』を初演。兄の野村萬,京都の 4世茂山千作・千之丞兄弟とともに新作狂言や能・狂言様式の演劇に参加。1964年『釣狐』のシテ,1968年『粟田口』のアドで芸術祭賞奨励賞。1972年『定家』のアイ(→間狂言),1973年『武悪』『花子』のアド,1974年『文蔵』のシテ,1982年『花子』のシテで芸術祭賞優秀賞。1977年『釣狐』のシテで芸術祭賞大賞。1990年日本芸術院賞。1995年紫綬褒章。2007年重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。観世寿夫兄弟らと華の会を結成。さらに新しい演劇の創造を目指して新劇人(→新劇)と組んで冥の会を組織,同人となる。万作の会,万作を観る会,野村狂言座を主宰。申楽乃座同人。長男に 2世野村萬斎,弟に野村四郎観世流シテ方),野村万之介。叔父に三宅藤九郎。著書に『太郎冠者を生きる』(1984)がある。(→

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

野村万作の関連キーワード野村 万之丞(5代目)野村 万蔵(6代目)[各個指定]芸能部門野村萬斎(2世)野村萬斎(2代)野村万作(2代)野村万蔵(7代)高橋 康也水戸芸術館姨捨

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野村万作の関連情報