コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野村萬斎 のむらまんさい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野村萬斎
のむらまんさい

[生]文久2(1862).7.21. 金沢
[没]1938.1.14. 東京
能楽師,和泉流三宅派狂言方。野村万蔵家の5世。4世万造の長男。 1883年以降東京に定住,三宅庄市に師事。明治末年から昭和にかけて,衰微しつつあった狂言界を隆盛に導いた。 1922年長男万作 (6世万蔵) に家督を譲り,隠居して萬斎と号する。次男万介には 36年,師の三宅家を継がせた (→三宅藤九郎 ) 。「よいや会」を主宰。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

野村萬斎の関連キーワード三宅 藤九郎(9代目)野村 万之丞(5代目)野村 万蔵(6代目)ジョナサン ケント野村萬蔵(六代目)野村万蔵(6世)野村萬斎(2代)野村萬斎(2世)にほんごであそぼ假屋崎省吾秋山菜津子野村万蔵家陰陽師II野村万作4月5日風立ちぬ三宅庄市陰陽師あぐり茂山家

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野村萬斎の関連情報