金谷(読み)かなや

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金谷(静岡県)
かなや

静岡県中部、榛原郡(はいばらぐん)にあった旧町名(金谷町(ちょう))。現在は島田市の西部を占める地域。大井川右岸に位置する。旧金谷町は1889年(明治22)町制施行。1957年(昭和32)五和(ごか)村と合併。2005年(平成17)島田市と合併。地域の大半は赤石(あかいし)山脈の前山にあたる山地が占め、南部は洪積台地の牧ノ原、西側は菊川上流の谷、東側は大井川右岸の沖積扇状地である。JR東海道本線、国道1号、473号が通じ、奥大井に向かう大井川鉄道の起点でもある。新東名高速道路の島田金谷インターチェンジがある。『和名抄(わみょうしょう)』に質侶郷(しとろごう)と記され、志戸呂焼(しどろやき)の産地として知られる。江戸時代には東海道五十三次の宿場町で、対岸の島田とともに大井川の徒渉制度によって繁栄した。明治初年の徒渉制廃止後、士族授産と川越人足救済が端緒となり牧ノ原の開拓が進み、大茶園が形成された。製茶とともに茶製造機械の生産が盛んである。茶製造機械は全国一の市場占有率をもつ。独立行政法人野菜茶業研究所の金谷茶業研究拠点、茶をテーマとした複合施設「お茶の郷」がある。牧ノ原大茶園は金谷駅から車で5分、大井川、富士山、駿河(するが)湾の眺望がよい。付近の諏訪原城跡(すわはらじょうあと)は国指定史跡。旧東海道金谷坂から城跡まで石畳の道が復元されている。[川崎文昭]
『平口機一郎他編『金谷町誌稿』(1913・金谷町) ▽『金谷郷土史資料』全2冊(1964・金谷郷土史研究会) ▽『金谷町史』全5冊(1990~2003・金谷町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金谷の関連情報