コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釧路[市] くしろ

百科事典マイペディアの解説

釧路[市]【くしろ】

北海道東部,太平洋に臨む市。1922年市制。釧路総合振興局所在地。根室本線,釧網(せんもう)本線,道東自動車道が通じ,釧路空港がある。サケ・マス流し網や機船底引網漁業の基地から第2次大戦後大洋漁業,日本水産,日魯漁業など大資本の進出で北洋漁業の大基地に発展した。
→関連項目釧路[支庁]北海道教育大学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くしろ【釧路[市]】

北海道東部,太平洋岸の釧路川河口にある地方中心都市。1922年市制。人口19万9323(1995)。釧路の発達は1870年(明治3)に漁場請負人の佐野孫右衛門が秋田,青森,函館などの漁夫174戸,537人を募集し,移住させたことに始まる。1880年代後半には後背地での石炭や木材資源の開発,入植の開始に伴って,港の出入貨物も増加し,大正,昭和を通じて水産業石炭産業製紙工業の三大基幹産業の発達によって発展してきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

釧路[市]の関連キーワード島津保次郎アイルランド自由国帰山教正パステルナークブラジル文学ムルナウ宮嶋資夫ローマ進軍コスグレーブシスラー

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

釧路[市]の関連情報