コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釧路[市] くしろ

百科事典マイペディアの解説

釧路[市]【くしろ】

北海道東部,太平洋に臨む市。1922年市制。釧路総合振興局所在地。根室本線,釧網(せんもう)本線,道東自動車道が通じ,釧路空港がある。サケ・マス流し網や機船底引網漁業の基地から第2次大戦後大洋漁業,日本水産,日魯漁業など大資本の進出で北洋漁業の大基地に発展した。サンマ,カレイ,ホッケなどの水揚げが多く,サケ・マス・カニの缶詰工業も盛んである。立地条件に恵まれ,パルプ,製紙,製材,木工業,化学肥料,製酪などの大工場も進出している。市域東部に釧路炭田があって2013年現在国内唯一の太平洋炭鉱が釧路コールマインによって稼動している。広大な湿原は釧路湿原国立公園に指定され,春採(はるとり)湖はヒブナ生息地(天然記念物)として有名。陸上自衛隊駐屯地。2005年10月白糠郡音別町,阿寒郡阿寒町を編入。東日本大震災で,市内において被害が発生。1362.92km2。18万1169人(2010)。
→関連項目釧路[支庁]北海道教育大学

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くしろ【釧路[市]】

北海道東部,太平洋岸の釧路川河口にある地方中心都市。1922年市制。人口19万9323(1995)。釧路の発達は1870年(明治3)に漁場請負人の佐野孫右衛門が秋田,青森,函館などの漁夫174戸,537人を募集し,移住させたことに始まる。1880年代後半には後背地での石炭や木材資源の開発,入植の開始に伴って,港の出入貨物も増加し,大正,昭和を通じて水産業石炭産業製紙工業の三大基幹産業の発達によって発展してきた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

釧路[市]の関連キーワード島津保次郎アイルランド自由国帰山教正パステルナークブラジル文学ムルナウ宮嶋資夫ローマ進軍コスグレーブシスラー

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android