コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木俊一 すずきしゅんいち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鈴木俊一
すずきしゅんいち

[生]1910.11.6. 東京
[没]2010.5.14. 東京
元東京都知事。1933年東京帝国大学法学部政治学科を卒業。同年内務省に入り,1950年地方自治庁次長,1957年自治事務次官,1958年内閣官房副長官などを歴任,1959~67年東龍太郎都政下の副知事を 2期務め,1964年の東京オリンピック競技大会の成功に尽力した。その後 1967年日本万国博覧会協会事務総長,1971年首都高速道路公団理事長,1978年公営企業金融公庫総裁を経て,1979年美濃部亮吉都知事退任をうけた東京都知事選挙で初当選,1995年まで 4期務めた。1期目に破綻寸前だった都財政を再建,3期目に臨海副都心計画に着手,1991年4月に都庁舎を千代田区丸の内から新宿区西新宿に移転した。1987年勲一等旭日大綬章,1989年国連平和賞,1999年レジオン・ドヌール勲章を授与された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

鈴木俊一【すずきしゅんいち】

政治家・内務官僚。山形県出身。東京帝国大学(現,東京大学)法学部卒業。1933年に内務省に入り,地方自治法制定など第2次世界大戦後の地方自治制度の土台づくりに携わった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鈴木俊一
すずきしゅんいち
(1910―2010)

政治家。東京都生まれ。東京帝国大学法学部卒業。内務省に入り、1950年(昭和25)から1958年まで地方自治庁次長、自治庁次長、自治省事務次官を歴任、戦後地方自治のスタート時点で事実上トップの地位にあった。1959年東京都副知事に転任。1979年美濃部亮吉(みのべりょうきち)引退後の都知事選で自民党などの推薦を受けて当選、美濃部革新都政を「バラマキ行政」と批判し赤字解消を優先的に進めた。その後「マイタウン東京」を提唱、都庁の新宿移転、臨海副都心の建設などを推し進めた。1991年(平成3)には自民党中央を押し切って都知事4選を果たした。1995年4月退任。[伊藤 悟]
『鈴木俊一著・政策研究院政策情報プロジェクト監修『官を生きる――鈴木俊一回顧録』(1999・都市出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鈴木俊一の関連キーワードマイクロエレクトロニクス東京臨海副都心開発多核多心型都市11月6日松岡 英夫青島 幸男青島幸男公明党岸信介鈴木

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鈴木俊一の関連情報