コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 とびら

4件 の用語解説(扉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


とびら

建具の一種。建築物や各部屋の入口につけられて開口部を閉じたり,部屋を外部と遮断する機能をもつ部分。1枚,2枚,折りたたみ式,回転式などがあり,支持部分にばね,ちょうつがい,敷居,滑車などを使った引き扉と押し開き扉がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

と‐びら【扉/×闔】

《「戸(と)片(ひら)」の意》窓・出入り口・戸棚などにつける開き戸の戸。
書物の見返しの次にある、書名・著者名などを記したページ。
雑誌で、本文にはいる前の第1ページ

ひ【扉】[漢字項目]

常用漢字] [音](呉)(漢) [訓]とびら
〈ヒ〉両側に開く戸。とびら。「開扉柴扉(さいひ)鉄扉門扉
〈とびら〉「回転扉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

とびら【扉】

〔「戸と片ひら」の意〕 開き戸式の戸。ドア。 「 -が開く」
見返しや口絵などの次に置き、書籍の題名・著者名などが記してあるページ。標題紙。 → 製本
ある物事への入り口のたとえ。 「宇宙旅行への-を開く」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【建具】より

…扉のように,開口部に取り付けて,使用者の意志によって出入りするものに対し開閉できる機能をもつものの総称。出入りするものには,人,物,雨,空気,光,視線,熱,音などがある。…

【戸】より

…広義には,窓,戸棚,門,乗物の乗降口に用いられる可動のものもいう。
[日本]
 平安時代の《和名抄》では,戸は屋堂にあるもの,扉は門にあるものとし,用いられる建物の種類によって戸と扉を区別しているが,現在では引戸に対して回転式の開き戸を扉といい,機構による違いによって両者を区別するのが普通である。回転式のいわゆる扉の形式が古く,これには〈板扉〉(図1)と〈桟唐戸(さんからど)〉(図2)とがある。…

※「扉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

扉の関連キーワード自然淘汰スキー八雲愛人松柏砂山チェリーなんか花菱ぶうぶう

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

扉の関連情報