コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎮西[町] ちんぜい

2件 の用語解説(鎮西[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

鎮西[町]【ちんぜい】

佐賀県東松浦郡,東松浦半島北部の旧町。玄武岩台地からなり,沖の加唐(かから)島,馬渡(まだら)島などを含む。中心は名護屋タバコミカンの栽培,牛の飼育が盛ん。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ちんぜい【鎮西[町]】

佐賀県北西端,東松浦郡の町。1956年名護屋・打上両村が合体,町制。人口7522(1995)。玄界灘に面し,加唐(かから)島,馬渡(まだら)島,松島の3島を含む。町域は東松浦半島の上場(うわば)台地と呼ばれる緩やかな玄武岩性台地で占められ,河川の発達は乏しい。名護屋は古代から中世にかけて大陸渡航の要地として知られたが,1591年(天正19)から豊臣秀吉朝鮮出兵本拠地として名護屋城を築城,周辺には諸大名の陣屋が100以上設けられ,最盛期には10万人をこえる軍勢がいたといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鎮西[町]の関連キーワード伊万里湾加唐島唐津湾馬渡島松浦潟松浦党松浦吉太夫波多親松村八次郎

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone