間人(読み)たいざ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

間人(京都府)
たいざ

京都府京丹後(きょうたんご)市丹後町の中心地区。旧間人町。地名は聖徳太子の母穴穂部間人(あなほべのはしひと)皇女に由来すると伝えるが、訓(よ)みについてはさだかでない。日本海に注ぐ竹野川の河口に位置し、江戸時代には日本海航路の港津(こうしん)としてにぎわい、奥丹後3郡の物資中継地であった。農家の副業として丹後縮緬(ちりめん)機業が盛んである。また、間人港で水揚げされたマツバガニは「間人ガニ」として知られている。[織田武雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

間人の関連情報