頓原[町](読み)とんばら

百科事典マイペディアの解説

頓原[町]【とんばら】

島根県東部,飯石(いいし)の旧町。南東は広島県に接し,大半山地。かつては木炭の産が多かったが,近年は米,肉牛メロントマトワサビシイタケなどを産する。国道54号線が通じ,豪雪の難所都加賀(つがか),吹ヶ峠を避けた3.6kmの頓原道路が1964年開通。2005年1月飯石郡赤来町と合併し町制,飯南町となる。124.86km2。2914人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とんばら【頓原[町]】

島根県中央部,飯石(いいし)郡の町。人口3172(1995)。神戸(かんど)川の中流域を占め,南東は広島県,北西は大田市に接する。大万木(おおよろぎ)山,琴引山,三瓶(さんべ)山など中国山地の山々に囲まれた高原地帯にあり肉牛や乳牛飼育林業,高冷地野菜などの栽培が盛んで,ヤマメ養殖も行われる。豪雪地帯で交通の難所であったが,国道54号線の開通や晴雲トンネルの完成によって観光客が訪れるようになり,県民の森,青少年旅行村が設けられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる