コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高瀬神社 タカセジンジャ

百科事典マイペディアの解説

高瀬神社【たかせじんじゃ】

富山県東砺波(ひがしとなみ)郡井波町(現・南砺市)に鎮座。旧国幣小社。大己貴(おおなむち)神をまつる。延喜式内社とされる。越中国の一宮。例祭のほかに鎮火祭,祈年穀祭(御神火伝送神事)がある。
→関連項目井波[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

高瀬神社

富山県南砺市にある神社。第12代景行天皇の御代の創祀とされる。祭神は大国主命(おおくにぬしのみこと)(大己貴命(おおなむちのみこと))、天活玉命(あめのいくたまのみこと)、五十猛命(いそたけるのみこと)。越中国一之宮。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高瀬神社
たかせじんじゃ

富山県南砺(なんと)市高瀬に鎮座。祭神は大己貴命(おおなむちのみこと)で、天活玉命(あめのいくたまのみこと)、五十猛命(いたけるのみこと)を配祀(はいし)する。創建はさだかでないが、大国主命(おおくにぬしのみこと)による越(こし)の国開拓に対する感謝の表明として奉斎されたと伝える。780年(宝亀11)従(じゅ)五位下(『続日本紀(しょくにほんぎ)』)、859年(貞観1)正三位(さんみ)(『三代実録』)に叙される。延喜(えんぎ)式内社で越中(えっちゅう)国(富山県)一宮(いちのみや)。当地は平安時代末から戦国時代にかけて安楽寿院(あんらくじゅいん)領(のち東大寺領)であった高瀬庄(しょう)の中心地で、その遺跡もある。江戸期に入ると加賀藩主前田家の厚い尊崇を受けた。旧国幣小社。例祭日9月13日。6月10日に行われる祈年穀祭は、神火を神前に供えて豊作を祈る特殊神事で、天武(てんむ)朝より続くと伝える。現在の功霊殿(こうれいでん)はもとの本社で、この地方の伝統的な工芸である井波彫刻の粋を凝らして1836年(天保7)に建造された。[平泉隆房]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

高瀬神社の関連キーワード大阪府守口市馬場町富山県南砺市高瀬富山県南砺市井波[町]高瀬遺跡