コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

がんもどき(食物) がんもどき

1件 の用語解説(がんもどき(食物)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

がんもどき(食物)【がんもどき】

豆腐を絞り,ゴボウニンジンシイタケ,ゴマ等を混ぜ,ヤマノイモか卵白のつなぎを加えて油で揚げたもの。味がガンの肉に似ているのでこの名があるといわれる。関西では飛竜頭(ひりゅうず)ともいい,ポルトガルの揚げ菓子フィリョースfilhosに由来する。
→関連項目豆腐

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

がんもどき(食物)の関連キーワード巻繊金糸牛蒡筑前煮揚豆腐石焼豆腐板焼豆腐無花果人参煎り鶏バラモン参ゴボウアザミ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone