こうじ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

こうじ

蒸した米や麦、大豆などの穀類にコウジカビを繁殖させて作り、みそやしょうゆの製造に使われる。含まれている酵素がたんぱく質やでんぷんを分解し、食材のうまみを引き出すとされる。元禄2年(1689年)創業の糀屋本店のこうじの原料は主に米だが、みそ用には麦も使われる。こうじ、塩、水を混ぜてつくる塩こうじは、浅利妙峰さんが本やブログで料理レシピを公開したことなどをきっかけに、2011年ごろからブームになった。

(2014-02-16 朝日新聞 朝刊 大分全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

こうじの関連情報