コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ざっく ザック

デジタル大辞泉の解説

ざっく

[副]
砂利や硬貨などを勢いよくすくったり、掘ったり、また踏んだりするときの音や、そのさまを表す語。「金貨をざっくとつかむ」
力を込めて勢いよく切ったり割ったりするさま。ざくり。「白菜をざっくと切る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ざっく

( 副 )
小石・銭などかたくて細かいものを踏みつけたりつかんだりする音やそのさまを表す語。 「小判を-とつかむ」
勢いよく切りつけたり、たたき割ったりする音を表す語。 「西瓜すいかを-と切り割る」
金属の触れ合う音を表す語。 「草摺り軽げに-と投げかけ/謡曲・夜討曽我」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ざっくの関連キーワード裂き織り・割き織り・裂織り・割織りオートミールクッキーオックスフォードスコッチツイードカジュアルウエア取ったか見たか鬼越トマホークトライアングルシャークスキン千原ジュニアホームスパンワークアウトざっかけないざっくばらんざっくざっくCARÊME三個目のミス中島とうるブラウニー羽越しな布

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ざっくの関連情報