コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アオジ Emberiza spodocephala; black-faced bunting

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アオジ
Emberiza spodocephala; black-faced bunting

スズメ目ホオジロ科。全長 14~16cm。雄は地色が頭部から背,肩が暗い灰緑色,や腰は茶色,背,胸腹部は黄緑色で,肩や翼,胸,脇に黒い縦縞がある。尾羽は両端の 2枚が白く,ほかは褐色。雌の羽色は全体に雄より淡い。シベリア東部,中国東部,サハリン島千島列島,日本のほか,以上と不連続に中国ユンナン(雲南)省北部とフーペイ(湖北)省からカンスー(甘粛)省にかけて繁殖分布する。冬季ネパールからインドシナ半島北部,中国南部,日本,タイワン(台湾)など南方の暖地に渡る。日本では北海道の平地の原野や林と,本州中部以北の山地や高原で繁殖する。巣はわん型で,林縁地上灌木の低い位置につくる。繁殖期には昆虫類や草の種子をとる。冬季は本州中部以南の低地や山麓に移動して疎林や林縁,低木の茂み,農耕地にすみ,地上でおもに草の種子を食べる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アオジ

ホオジロ科の鳥。翼長7cm。極東地方および中国西南部に分布し,日本では本州中部以北の低木林で繁殖し,冬は温暖地の林ややぶにすむ。地上または低い枝に皿形の巣を作り,草の種子や昆虫を食べる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アオジ
あおじ / 青鵐
black-faced bunting
[学]Emberiza spodocephala

鳥綱スズメ目ホオジロ科の鳥。ホオジロ属38種中の1種で、シベリア南部、バイカル地方、ウスリー川流域、樺太(からふと)(サハリン)、千島、日本、中国北部、青海(せいかい)省、貴州(きしゅう)省などで繁殖し、冬季は中国南部にまで至る。まれにネパール、インド北東部、ミャンマー(ビルマ)、インドシナ半島北部に渡来する。日本では北海道の海岸から山地の亜高山帯に至る間、および本州の近畿地方以北の山地帯で繁殖する。全長約15センチメートル。背面暗緑色、下面緑黄色。繁殖期には複雑な美しい声でさえずるが、冬季はやぶの中を潜行しつつチッチッと鳴く。冬季は本州、四国、九州、琉球列島(りゅうきゅうれっとう)(南西諸島)などの低地で普通にみられる。食物は草木の種子が主で、虫やクモも好んで食べる。5~7月に4、5卵を産む。同じ科に属するシマアオジEmberiza aureolaは全長約13.5センチメートル。雄は背面が暗赤褐色、下面は黄色で、雌では背面に緑褐色縦斑(じゅうはん)がある。国外の分布はアオジよりもさらに広く、繁殖地はウラル山脈以西にもあり、冬季インド東部、マレー半島、インドシナ半島に分布するものも多い。[坂根 干]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アオジの関連キーワードハムギョンプク(咸鏡北)道トゥマン(豆満)江ジョウカイモドキエゴマ(荏胡麻)ジョウカイボン大阪府寝屋川市アオジタトカゲマツカサトカゲシソ(紫蘇)ムクムクゴケ褄黄青浄海シマアオジ小林晃子おとり猟巫鳥・鵐クロジ渡り鳥シトドシソ托卵

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アオジの関連情報