アグリッパ(読み)あぐりっぱ(英語表記)Marcus Vipsanius Agrippa

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アグリッパ(Marcus Vipsanius Agrippa)
あぐりっぱ
Marcus Vipsanius Agrippa
(前63ころ―前12)

古代ローマの軍人、政治家。初代皇帝アウグストゥスの青年時代からの友人。共和政末の内乱期には、軍人として、内乱の行方を決定したナウロコス・アクティウムの海戦(前31)に艦隊を指揮し、勝利を得た。行政官としてはローマ市の水道、公衆浴場を建設し、ゲルマン系のウビー人を定住させ、今日のケルン市の基礎を築いた。帝政期には、皇帝に次ぐ地位を占め、アウグストゥスの娘ユリアと再婚した。コンスルを3回務め、護民官権限、上級のコンスル代理命令権を与えられ、皇帝の代理を務めたが、紀元前12年に病没。皇帝の命で世界地図を編纂(へんさん)させ、その注解を自ら執筆したことが知られる。[島田 誠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android