コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アボガドロの法則 アボガドロノホウソク

7件 の用語解説(アボガドロの法則の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アボガドロ‐の‐ほうそく〔‐ハフソク〕【アボガドロの法則】

すべての気体は、同温・同圧では、同体積中に同数の分子を含むという法則。分子の概念を導入し、分子説のもととなった。1811年、アボガドロが提唱。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アボガドロの法則【アボガドロのほうそく】

〈同温同圧のもとにおけるすべての気体は,同体積ならば同数の分子を含む〉という法則。1811年アボガドロによって仮説として提出されたが,のち実験的にも証明され,法則と呼ばれるようになった。
→関連項目アボガドロ数

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

法則の辞典の解説

アボガドロの法則【Avogadro's law】

アヴォガドロの仮説」のページをご覧ください。

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アボガドロのほうそく【アボガドロの法則】

温度,圧力,体積の等しい気体は種類によらず同数の分子を含むという法則。気体反応の法則を説明するため,1811年にA.アボガドロが仮説として提唱したもの。のち,気体分子運動論の立場からの証明が与えられ,原子量決定の根拠になることは,58年にS.カニッツァーロによって示された。0℃,1気圧,22.4lの気体がその中に含む分子の数は約6×1023で,これはアボガドロ数に等しい。【小野 嘉之】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

アボガドロのほうそく【アボガドロの法則】

同温・同圧のもとでは同体積の気体中には同数の分子が含まれる、という法則。これと分子説(分子が原子で構成されているとする説)によってゲイ=リュサックの気体反応の法則が、ドルトンの原子説と矛盾なく説明できるようになった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アボガドロの法則
アボガドロのほうそく
Avogadro's law

ある温度,ある圧力のもとにおいて,同体積のすべての気体は同数の分子を含むという法則。厳密には理想気体に対して成り立つ。 1811年 A.アボガドロが仮説として提出し,分子の存在を仮定した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アボガドロの法則
あぼがどろのほうそく
Avogadro's law

気体に関する法則の一つ。「同温、同圧のもとでは、すべての気体は同体積中に同数の分子を含む」という法則。原子と分子の区別を明らかにし、分子量決定の方法を与え、近代化学成立の基礎となった、きわめて重要な法則である。1811年イタリアのアボガドロによって提出されたが、中心となる分子の存在が証明されていなかったため、一般にはほとんど無視され「アボガドロの仮説」とよばれた。しかしその後、分子の実在が明らかにされ、実際にアボガドロ定数が決定されて、事実の根拠が得られたことになり、「アボガドロの法則」とよばれるようになった。すなわち、すべての気体は分子とよばれる微小粒子よりなり、たとえば標準状態(0℃、1気圧)では、どのような気体でも同体積(22.4リットル)中に約6×1023(アボガドロ定数)個の分子が存在する。[中原勝儼]

アボガドロの法則が成立するまで

アボガドロ以前、ドルトンやベルツェリウスが主張した「すべての気体は極限粒子である原子からなる」という考え方が信じられていた。すなわち、ドルトンは「単体は1種類の原子からなり、化合物はそれらの原子が集まってできた1種類の複合原子(いまの分子に相当する)からなる」として、その成分元素の量的関係について研究した(原子量の考え方の基礎をつくった)。たとえば、酸素には酸素の原子があり、水素には水素の原子があって、また水は酸素1原子と水素1原子とが結び付いてできた水の複合原子があると考えた(A)。このことは、たとえば「水素1グラムと酸素8グラムとが反応して水9グラムができる」ということを説明するのには便利であり、水素1原子の重量を1とすれば、酸素1原子の重量は8、水1原子の重量は9ということである。さらにこの考え方によって、「倍数比例の法則」なども簡単に説明できる。しかし、大きな矛盾もあり、そのころまでに知られていたいろいろな事実、たとえば「気体反応の法則」などが説明できなかった。水素ガスと酸素ガスが化合して水蒸気になるときの体積比が2:1:2になるということは、ドルトンらの考え方では説明できない。
 ここに登場したのがアボガドロで、彼はこのときの容積関係に注目した。すなわち、すべての気体は、ほとんど同じ熱膨張係数をもっていて、1℃あがれば、もとの容積の273分の1ずつ膨張するが(ゲイ・リュサックの法則。シャルルの法則ともいう)、このことは原子論からいえば、原子間の距離が温度とともに大きくなることだと考えられる。そこでまず、(1)「気体物質はその種類がどのようなものであっても、同温、同圧の同体積中には同数の分子を含む」とした。そして、「気体反応の法則」を説明するために、(2)「分子はいくつかの原子からなるもので、単体の気体では2個の原子よりなる」とした。この二つがアボガドロの仮説である。これによって水素と酸素の反応が説明できるようになった(B)。しかしこの重要な考え方は、まだ分子の存在が証明されていなかったため認められず、あらためて評価されるのは、1860年カニッツァーロの紹介まで待たなければならなかった。[中原勝儼]
『小川岩雄著『原子と原子核』(1990・共立出版) ▽西条敏美著『物理定数とは何か――自然を支配する普遍数のふしぎ』(講談社・ブルーバックス) ▽竹内敬人著『化学の基本7法則』(岩波ジュニア新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアボガドロの法則の言及

【アボガドロ】より

…初め法律を修めたが,自然科学にも関心を示し,1800年から物理学,数学の勉強を始め,やがてその研究は化学の分野にも及んだ。11年,同一体積のすべての気体は同温同圧のもとで同数の粒子(分子)を含むという仮説(いわゆるアボガドロの法則),さらに単体の気体は分子から構成され,その分子が原子からなっているとする仮説を提唱し,J.ドルトンらの原子説の不完全な点を改めた。だが,これらの仮説は,14年のA.M.アンペールの同じ内容の仮説とともに長い間無視されていたが,彼の死後,アボガドロの法則に基づく原子量決定法の原理を明らかにしたS.カニッツァーロの論文(1858),およびカールスルーエ国際化学者会議でのカニッツァーロによる紹介(1860)を契機に公認されるようになった。…

【分子】より

…この法則の根底には,同じ温度・圧力条件下では,同一体積中に同数の粒子が含まれているとする考え方があった。それを明確に打ち出したのが〈アボガドロの法則〉である。A.アボガドロは,気体を構成している粒子は原子1個1個ではなく,それが何個か結合してできた〈分子〉であるとして,分子の概念を提出した。…

※「アボガドロの法則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アボガドロの法則の関連キーワード液化気体定数ドルトンの法則ダルトンの法則(=ドルトンの法則)アマガー‐ルデュック則オストヴァルトの溶解度係数ゲイ=リュサックの第一法則ゲイ=リュサックの第二法則実在気体の状態式気体体積の法則

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone