コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルヌルフ アルヌルフ Arnulf von Bayern

2件 の用語解説(アルヌルフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルヌルフ
アルヌルフ
Arnulf von Bayern

[生]?
[没]937.7.14.
バイエルンの部族公。 919年バイエルンの貴族によって東フランク王に擁立されたが,同年ドイツ王となったザクセン家のハインリヒ1世の攻撃の前に屈服を強いられ,王の称号,王の特権,修道院長の叙任権を放棄させられ,その代りに独立権を与えられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルヌルフ
あるぬるふ
Arnulf von Krnten
(850ころ―899)

カロリング家の東フランク国王(在位887~899)。東フランク国王カールマンの庶子。最初はケルンテン辺境伯。東・西フランク王国を一時再統一したカール3世(肥満王)の廃位後、887年東フランクの豪族から東フランク国王に選ばれ、フランク王国はふたたび東西に分裂した。891年ブラバントのレーウェンでノルマン人に大打撃を与え、以後ノルマン人の侵入は跡を絶つ。東方ではモラビア人、ボヘミア人にドイツの宗主権を認めさせ、西方にも勢力を伸ばし、庶子ツウェンティボルトをロートリンゲン王に任じた。894年イタリアに遠征、896年教皇から皇帝として戴冠(たいかん)されたが、その後、卒中で倒れ、帰国後もほとんど統治能力を失った。[平城照介]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルヌルフの関連キーワード階乗Nエヌ没・歿勃・歿・没N末端残基Diaz de la Peña,N.Gerhaert van Leyden,N.Politeia tōn Romaiōn

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone