コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルヌルフ Arnulf von Bayern

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルヌルフ
Arnulf von Bayern

[生]?
[没]937.7.14.
バイエルンの部族公。 919年バイエルンの貴族によって東フランク王に擁立されたが,同年ドイツ王となったザクセン家のハインリヒ1世の攻撃の前に屈服を強いられ,王の称号,王の特権,修道院長の叙任権を放棄させられ,その代りに独立権を与えられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルヌルフ
あるぬるふ
Arnulf von Krnten
(850ころ―899)

カロリング家の東フランク国王(在位887~899)。東フランク国王カールマンの庶子。最初はケルンテン辺境伯。東・西フランク王国を一時再統一したカール3世(肥満王)の廃位後、887年東フランクの豪族から東フランク国王に選ばれ、フランク王国はふたたび東西に分裂した。891年ブラバントのレーウェンでノルマン人に大打撃を与え、以後ノルマン人の侵入は跡を絶つ。東方ではモラビア人、ボヘミア人にドイツの宗主権を認めさせ、西方にも勢力を伸ばし、庶子ツウェンティボルトをロートリンゲン王に任じた。894年イタリアに遠征、896年教皇から皇帝として戴冠(たいかん)されたが、その後、卒中で倒れ、帰国後もほとんど統治能力を失った。[平城照介]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アルヌルフの関連キーワードルートウィヒ(4世)(東フランク国王)ファウスト(ロック・バンド)ルートウィヒ4世(幼童王)ステファヌス5世(6世)ステファヌス6世(7世)アルヌルフ[メッツの]カルル3世(肥満王)アリアス・マドリード民主革命党[パナマ]ハインリヒ[1世]アルヌルフィスタ党コンラート(1世)ダゴベルト[1世]ハインリヒ(1世)東フランク王国カール(3世)カール[3世]ピピン[1世]パナマ(国)バイエルン州

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android