コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アワ(粟) アワSetaria italica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アワ(粟)
アワ
Setaria italica

イネ科の一年草。茎の高さ 1.5m内外,互生する葉は幅の広い披針形で細かな鋸歯があり,質は厚い。夏から秋にかけて,長さ 10~20cmの尾状の穂をつけ,黄色,紫,褐色などに熟する。穀果は球形で,穀類中最小。華北ではきわめて古くから栽培の歴史があり,中国東北や朝鮮半島北部でも古くから常食されてきた。エノコログサが原種と考えられる作物で,日本にはおそらく中国から渡来したと考えられる。米,ムギなどとともに五穀の一つとして古来重視され,「記紀」(→『古事記』『日本書紀』)「風土記」『万葉集』にその発生説話,栽培記などがある。持統7(693)年に栽培奨励の記事があり,奈良時代には,米の代わりに正税として納めることが認められた。平安時代には丹波国阿波国が主産地で,近世に入ると使途が広まり,飯,餅,飴,酒,薬用などに多用され,また干魃に強く,やせ地にもよく育って,しかも生育期間が短いところから,救荒作物としても利用された。品種にもち,うるち,早稲,おくてなどがある。主食用としてはほとんど栽培されなくなったが,菓子類や焼酎(泡盛,特に沖縄県,鹿児島県で有名)などの原料,小鳥の餌などに用いられ,茎や葉は家畜の飼料とされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アワ(粟)【アワ】

東アジア原産の一年生雑穀類の一つ。高さ1〜2m。穂は黄熟し,たれ下がる。種実は球形で小さい。粒質からもち,うるち,収穫期から夏アワ,秋アワなどの品種に分ける。日本では第2次大戦後,生産が激減。
→関連項目エノコログサ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アワ【アワ(粟) foxtail millet】

五穀の一つに数えられ,古くから重要な食料とされてきたイネ科の夏作の一年草。日本では最近,日常食にはほとんど利用されなくなった。アワは穂の大きさなどでオオアワvar.maxima Al.(英名Italian millet)(イラスト)とコアワvar.germanicum Trin.(英名German millet)(イラスト)とに分けられ,日本で栽培されているアワのほとんどはオオアワである。中国ではオオアワは粱で,コアワが粟であるが,日本ではアワ全体に粟の字を用いる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアワ(粟)の言及

【飢饉】より

…それらの努力は,古代国家成立以来9世紀ごろまでは,中央政府の主導のもとで郡司に代表される各地域の共同体首長層によって担われてきたが,10世紀ごろから以後中央政府はその主導性を失い,各地域で新しい勢力によって行われていくことになる。 救荒作物の中で律令国家が特に重視したのはムギとアワである。ムギはイネや他の雑穀の収穫後播種し,イネや他の雑穀の端境期に入る旧暦4月ごろに収穫が行われ,イネやそれとほぼ同じ季節に成長過程をもつ雑穀がなんらかの気候不順によって打撃をうけても,その影響は受けなくてすむことから,救荒作物としてきわめて積極的役割を演じうる存在であった。…

【米】より

…輸入していたのは安い南京米)。農村ではアワ,ヒエを常食にしているところもあったし,都市でも中小工場職工の主食は〈挽割一升ノ中ニ米二合位〉〈南京米ト挽麦ト半分交ゼタルモノ〉(《職工事情》付録)という状況だった。米とくに国産米は,当時優等財だったのである。…

【雑穀】より

…アワ,キビ,ヒエなどの総称で,英語のミレットmilletに対応する語。すでに《日葡辞書》(1603)にも〈Zacocuザコク(雑穀)〉として掲出されている。…

※「アワ(粟)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アワ(粟)の関連キーワード同音語のアクセント粟粒結核小児結核美作市東粟倉

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android