コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イスカ(交喙) イスカ red crossbill

1件 の用語解説(イスカ(交喙)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イスカ【イスカ(交喙) red crossbill】

スズメ目アトリ科の鳥(イラスト)。スズメより少し大きく,全長約17cm。雌雄異色で,雄は全体に橙赤色,雌は黄緑色。くちばしの先が鋭くとがってかぎ形に曲がり,上下のくちばしの先が交差して,食い違っており,イスカの名はこれに由来する。またここから,ものごとがうまくかみ合わないことを〈イスカの嘴(はし)の食違い〉という。この独特な形はマツの未熟な球果から種子をとり出すための適応で,くちばしを閉じることによって鱗片をこじあける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イスカ(交喙)の関連キーワード花鳥猿子雀の田子雀の槍入内雀紅雀花鶏スズメバチの巣

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone