コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウイルムス腫瘍 ウイルムスしゅよう

百科事典マイペディアの解説

ウイルムス腫瘍【ウイルムスしゅよう】

腎芽腫とも呼ばれる,乳幼児に発生する悪性腎腫瘍。胎児期に腎臓を形成するはずの細胞がなんらかの原因で腎臓にならず,(がん)や肉腫に変化してしまうために発生するとされている。
→関連項目小児癌

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ウイルムス腫瘍の関連キーワードがん発生のメカニズム制癌剤

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android