エメラルドグリーン(英語表記)emerald green

色名がわかる辞典の解説

色名の一つ。JISの色彩規格では「つよい」としている。一般に、宝石のエメラルドのような明るい爽やかな印象の緑色。エメラルドは緑玉、緑柱石とも呼ばれ、5月の誕生石として知られる。古くから明るい緑の形容として用いられてきた。16世紀、ベネチアの画家パオロ・ベロネーゼの名をとったポールベロニーズグリーンもエメラルドグリーンの別名であったが、毒性があるためポイズングリーンともよばれた。19世紀に発見された花緑青はなろくしょう水酸化クロム顔料の色名もエメラルドグリーン。海やの色を表すのによく用いられる。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

エメラルドのように鮮やかな緑色。青緑色。 -の海
酢酸銅と亜ヒ酸銅との複塩。鮮やかな青緑色で、かつては塗料・顔料に用いたが、毒性が強いので今は船底塗料に用いる。花緑青。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (emerald green)
① エメラルドのような明るい、冴えた緑色。
※自然と人生(1900)〈徳富蘆花〉自然に対する五分時「実に云ふべからざる緑青色(エメラルドグリーン)を帯ぶ」
② エメラルドに似た緑色の顔料。酢酸銅と亜砒酸(あひさん)銅の化合物。耐久性があるが毒性が強いので、船底などの塗料に用いる。花緑青(はなろくしょう)。エチル‐グリーン。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エメラルドグリーンの関連情報