コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エメラルドグリーン emerald green

色名がわかる辞典の解説

エメラルドグリーン【emerald green】

色名の一つ。JISの色彩規格では「つよい」としている。一般に、宝石のエメラルドのような明るい爽やかな印象の緑色。エメラルドは緑玉、緑柱石とも呼ばれ、5月の誕生石として知られる。古くから明るい緑の形容として用いられてきた。16世紀、ベネチアの画家パオロ・ベロネーゼの名をとったポールベロニーズグリーンもエメラルドグリーンの別名であったが、毒性があるためポイズングリーンともよばれた。19世紀に発見された花緑青はなろくしょう水酸化クロムの顔料の色名エメラルドグリーン。海や湖の色を表すのによく用いられる。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

エメラルドグリーン【emerald green】

エメラルドのように鮮やかな緑色。青緑色。 「 -の海」
酢酸銅と亜ヒ酸銅との複塩。鮮やかな青緑色で、かつては塗料・顔料に用いたが、毒性が強いので今は船底塗料に用いる。花緑青。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

エメラルドグリーンの関連キーワードプリトヴィッチェ湖群国立公園オキサイド・オブ・クロミウムピピ島とバイキングケーブオルネッラ ムーティピーター オトゥール黄龍の景観と歴史地域ファンロン(黄龍)カンガルー・ポウエメラルドレークレークルイーズプロンテップ岬ケーニヒス湖マイトン島グリーン島亜ヒ酸銅温泉生物sRGB船底塗料ペオエ湖ムック島

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エメラルドグリーンの関連情報