コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エメラルドグリーン emerald green

3件 の用語解説(エメラルドグリーンの意味・用語解説を検索)

色名がわかる辞典の解説

エメラルドグリーン【emerald green】

色名の一つ。JISの色彩規格では「つよい」としている。一般に、宝石のエメラルドのような明るい爽やかな印象の緑色。エメラルドは緑玉、緑柱石とも呼ばれ、5月の誕生石として知られる。古くから明るい緑の形容として用いられてきた。16世紀、ベネチアの画家パオロ・ベロネーゼの名をとったポールベロニーズグリーンもエメラルドグリーンの別名であったが、毒性があるためポイズングリーンともよばれた。19世紀に発見された花緑青はなろくしょう水酸化クロムの顔料の色名もエメラルドグリーン。海や湖の色を表すのによく用いられる。

出典|講談社
色名がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

エメラルドグリーン【emerald green】

エメラルドのように鮮やかな緑色。青緑色。 「 -の海」
酢酸銅と亜ヒ酸銅との複塩。鮮やかな青緑色で、かつては塗料・顔料に用いたが、毒性が強いので今は船底塗料に用いる。花緑青。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

エメラルドグリーンの関連キーワード環境JIS学校用家具JIS漢字水準旧JISJIS X0221新JIS地金(金属材料)洗濯表示文字集合文字コード

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エメラルドグリーンの関連情報