コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オイストラフ オイストラフ Oistrakh, David (Fëdorovich)

6件 の用語解説(オイストラフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オイストラフ
オイストラフ
Oistrakh, David (Fëdorovich)

[生]1908.9.30. ロシアオデッサ
[没]1974.10.24. オランダアムステルダム
ソビエト連邦バイオリニスト。 1926年オデッサ音楽院卒業。 1934年以後モスクワ音楽院教授。 1935年全ソ・コンクール優勝。 1937年イザイ国際コンクール優勝。ヤッシャ・ハイフェッツと並ぶバイオリンの巨匠と絶賛され,ドミトリー・ショスタコビッチをはじめソ連の大作曲家から協奏曲の献呈を受けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

オイストラフ(David Fyodorovich Oystrakh)

[1908~1974]ソ連のバイオリニスト。技巧の完全さと感情表現の新しさで、世界的に有名となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

オイストラフ

ロシアのバイオリン奏者。ウクライナのオデッサ(当時ロシア領)に生まれ,同地の音楽院に学ぶ。1935年のビエニアフスキ国際バイオリン・コンクールでヌブーに次ぐ第2位に入賞し,1937年ブリュッセルイザイエ・コンクール(のちのエリザベート王妃国際音楽コンクール)で優勝。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

オイストラフ【David Fyodorovich Oistrakh】

1908‐74
ソ連邦のバイオリン奏者で,20世紀を代表する名演奏家の一人。オデッサ音楽院を卒業,モスクワ音楽院で教職につく。1935年ビエニアフスキ国際コンクール2位,37年イザイエ国際コンクール1位。第2次世界大戦後,西側諸国で本格的に活躍。55年アメリカと日本をはじめて訪れ,卓越した演奏技巧と豊麗な響きを武器に,スケールの大きい演奏をきかせ,爆発的な人気を博した。バロック音楽から現代音楽まで,広いレパートリーをこなしたことでも有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

オイストラフ【David Oistrakh】

1908~1974) ソ連のバイオリン奏者。卓越した技巧と豊かな響きで、二〇世紀最高の奏者の一人といわれた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オイストラフ
おいすとらふ
Давид Фёдорович Ойстрах David Fyodorovich Oystrah
(1908―1974)

ロシアのバイオリン奏者。20世紀を代表する名手の一人。ユダヤ系ロシア人の子としてウクライナのオデッサに生まれる。1937年イザイ国際コンクールで優勝、国際的に知られたが、まもなく始まった第二次世界大戦のため、西欧諸国での活発な活動は戦後の1950年代まで持ち越された。55年(昭和30)初来日。アウアーの系統を引くバイオリン奏者だが、技巧重視、情緒偏重のアウアーのスタイルを克服し、安定した技巧のうえに、作品の内容を直截(ちょくせつ)に表出する格調の高いスタイルを築き上げ、後進に大きな影響を及ぼした。バロックからロシアの現代音楽まで、レパートリーの広いことでも有名。晩年は指揮でも活躍した。息子のイーゴリИгорь/Igor'(1931― )もバイオリン奏者として知られている。[岩井宏之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オイストラフの関連キーワードクロイツェル・ソナタジェミニアーニシュポーアバイオリニスト虹色のバイオリンパパのバイオリンイザイエビエニアフスキロカテリ《バイオリン奏法》

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オイストラフの関連情報