コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オイストラフ Oistrakh, David (Fëdorovich)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オイストラフ
Oistrakh, David (Fëdorovich)

[生]1908.9.30. ロシア,オデッサ
[没]1974.10.24. オランダ,アムステルダム
ソビエト連邦のバイオリニスト。 1926年オデッサ音楽院卒業。 1934年以後モスクワ音楽院教授。 1935年全ソ・コンクール優勝。 1937年イザイ国際コンクール優勝。ヤッシャ・ハイフェッツと並ぶバイオリンの巨匠と絶賛され,ドミトリー・ショスタコビッチをはじめソ連の大作曲家から協奏曲献呈を受けた。 1955年来日。イーゴリ・オイストラフ (1931~ ) はその息子で,父に劣らぬ名手といわれる。 1967年父子で来日,共演して絶賛を博した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

オイストラフ(David Fyodorovich Oystrakh)

[1908~1974]ソ連のバイオリニスト。技巧の完全さと感情表現の新しさで、世界的に有名となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

オイストラフ

ロシアのバイオリン奏者。ウクライナのオデッサ(当時ロシア領)に生まれ,同地の音楽院に学ぶ。1935年のビエニアフスキ国際バイオリン・コンクールでヌブーに次ぐ第2位に入賞し,1937年ブリュッセルのイザイエ・コンクール(のちのエリザベート王妃国際音楽コンクール)で優勝。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オイストラフ【David Fyodorovich Oistrakh】

1908‐74
ソ連邦のバイオリン奏者で,20世紀を代表する名演奏家の一人。オデッサ音楽院を卒業,モスクワ音楽院で教職につく。1935年ビエニアフスキ国際コンクール2位,37年イザイエ国際コンクール1位。第2次世界大戦後,西側諸国で本格的に活躍。55年アメリカと日本をはじめて訪れ,卓越した演奏技巧と豊麗な響きを武器に,スケールの大きい演奏をきかせ,爆発的な人気を博した。バロック音楽から現代音楽まで,広いレパートリーをこなしたことでも有名。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

オイストラフ【David Oistrakh】

1908~1974) ソ連のバイオリン奏者。卓越した技巧と豊かな響きで、二〇世紀最高の奏者の一人といわれた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オイストラフ
おいすとらふ
Давид Фёдорович Ойстрах David Fyodorovich Oystrah
(1908―1974)

ロシアのバイオリン奏者。20世紀を代表する名手の一人。ユダヤ系ロシア人の子としてウクライナのオデッサに生まれる。1937年イザイ国際コンクールで優勝、国際的に知られたが、まもなく始まった第二次世界大戦のため、西欧諸国での活発な活動は戦後の1950年代まで持ち越された。55年(昭和30)初来日。アウアーの系統を引くバイオリン奏者だが、技巧重視、情緒偏重のアウアーのスタイルを克服し、安定した技巧のうえに、作品の内容を直截(ちょくせつ)に表出する格調の高いスタイルを築き上げ、後進に大きな影響を及ぼした。バロックからロシアの現代音楽まで、レパートリーの広いことでも有名。晩年は指揮でも活躍した。息子のイーゴリИгорь/Igor'(1931― )もバイオリン奏者として知られている。[岩井宏之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オイストラフの関連キーワードモスクワ国立フィルハーモニー交響楽団スヴャトスラフ クヌシェヴィツキーラチャ アヴァネシアンワディム レーピンギドン クレーメルクヌシェビツキーギドン クレメルザハール ブロンハチャトゥリヤン神尾真由子9月17日クレーメル松井 康裕オボーリンオランダコーガン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オイストラフの関連情報