コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルセー美術館 オルセーびじゅつかんMusée d'Orsay

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オルセー美術館
オルセーびじゅつかん
Musée d'Orsay

フランス,パリにある美術館。1900年のパリ万国博覧会の際に建設されたオルセー駅を改装し,1986年に開館。1848~1914年の美術を扱い,ルーブル美術館パリ国立近代美術館(→ジョルジュ・ポンピドー国立芸術文化センター)との間隙を埋める役割を果たす。そのためにルーブル美術館とかつての印象派美術館,パレ・ド・トーキョーの近代美術館,リュクサンブール美術館の関連する収蔵品が一括された。新古典主義ロマン主義(→ロマン主義美術)から,バルビゾン派,印象派(→印象主義)を経て,後期印象派象徴主義にいたる近代フランス美術の流れを,アカデミーの動向をも含めて網羅している。代表的収蔵品にポール・セザンヌ『トランプをする男たち』,エドガー・ドガ『ダンス教室』,ジャン・フランソア・ミレー落穂拾い』,クロード・モネ『睡蓮の池』,ピエール・オーギュスト・ルノアールムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏場』などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

オルセー‐びじゅつかん〔‐ビジユツクワン〕【オルセー美術館】

フランス、パリにある国立近代美術館。旧オルセー駅(Orsay)を増改築し、1986年に開館。1848年から1914年の美術作品を中心に所蔵

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

オルセー美術館【オルセーびじゅつかん】

パリのセーヌ川沿いに1900年に建造された鉄道の駅舎を再利用して,1986年に開館した美術館。印象派美術館ルーブル美術館プティ・パレ美術館などの所蔵品を基に,主に1848年(二月革命)以降から1914年(第1次大戦)にかけての美術作品を展示する。
→関連項目ケ・ブランリ美術館パリパリのセーヌ河岸山梨県立美術館

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界遺産情報の解説

オルセー美術館

フランスのパリにある19世紀美術専門の美術館で、印象派の画家の作品が数多く収蔵されていることで有名です。かつてオルレアン鉄道の終着駅だった駅舎をそのまま利用し、1986年、オルセー美術館が開館しました。現在ではパリの観光名所としてすっかり定着し、旧印象派美術館(ジュ・ド・ポーム)の収蔵品はすべてオルセーに引き継がれています。ルノワールの「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」、ドガの「青い踊り子達」、ゴッホの「オーヴェル・シュル・オワーズの教会」、ゴーギャンの「タヒチの女たち」などの名作があります。

出典 KNT近畿日本ツーリスト(株)世界遺産情報について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オルセー美術館
おるせーびじゅつかん
Muse d'Orsay

フランス、パリ市中央部、ルーブル美術館のセーヌ川斜め対岸に位置する国立美術館。フランスに二月革命が起きた1848年から第一次世界大戦が勃発(ぼっぱつ)した1914年までの絵画・彫刻・工芸・建築・デザイン・写真などの芸術作品を収集展示している。古代から19世紀前半までのコレクションを誇るルーブル美術館と20世紀の現代美術を対象とするポンピドー・センターの国立近代美術館をつなぐ美術館としての役割を担う。コレクションはルーブル美術館、印象派美術館として親しまれていたジュ・ド・ポーム美術館(現代美術専門に1991年再オープン)、装飾美術館などから集められた。クールベ、マネをはじめとして日本で人気の高いモネやルノアールなどの印象派、セザンヌ、ゴーギャン、ゴッホらの作品が鑑賞できる。「19世紀の都」としてパリが開花させた文化を多面的に紹介し、たとえば、館内に設けられたオペラ座のコーナーには、1875年に竣工(しゅんこう)したシャルル・ガルニエ設計のオペラ座とその界隈(かいわい)の100分の1の模型が展示されている。
 美術館の建物自体は、パリで万国博覧会が開催された1900年、トゥールやボルドー方面へ向かう鉄道の起点としてビクトール・ラルーVictor Laloux(1850―1937)が設計した旧国鉄オルセー駅の駅舎を改造したもので、この改造計画は大統領ポンピドーのもとで構想された。開館したのは1986年12月、大統領ミッテランの政権下であった。イタリアの建築家ガエ・アウレンティGae Aulenti(1927―2012)が、元の駅舎の構造や装飾を生かす方針に基づいて内装を担当し、館内の大時計などに駅舎当時のおもかげが残されている。[吉川節子]
『吉川逸治編『ルーヴルとパリの美術5 オルセー美術館1』『ルーヴルとパリの美術6 オルセー美術館2』(1985/1986・小学館) ▽丹尾安典ほか編『NHKオルセー美術館』全6巻(1990・日本放送出版協会) ▽ロバート・ローゼンブラム著、高階秀爾監訳『オルセー美術館の絵画』(1993・中央公論社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオルセー美術館の言及

【ルーブル美術館】より

…従来の収集に加え,ナポレオン時代のエジプトからの将来品,その後の発掘品や購入品,寄贈が今日のルーブル美術館を形づくっている。なお,収蔵品の増大にともないルーブル美術館は近年改修が施され,中庭に新たにピラミッド風建築が造られるとともに,19世紀後半の美術品は,印象派美術館の所蔵品とともにセーヌ川対岸に1986年開館したオルセー美術館Musée d’Orsayに移管された。【中山 公男】。…

※「オルセー美術館」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オルセー美術館の関連キーワード花束を持って挨拶をする踊り子闘鶏をする若いギリシャ人バスティアン=ルパージュファンタン=ラトゥールカード遊びをする男たち赤い屋根、冬の村の眺めピアノに寄る少女たちセルジュ ルモワンヌ陽の光の中の裸婦オーヴェルの教会医師ガシェの肖像ドラクロワ礼賛アマン・ジャンアルルの部屋セザンヌ礼賛クーチュール都会のダンス笛を吹く少年田舎のダンス首吊りの家

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オルセー美術館の関連情報