コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カニッツァーロ Cannizzaro, Stanislao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カニッツァーロ
Cannizzaro, Stanislao

[生]1826.7.13. パレルモ
[没]1910.5.10. ローマ
イタリアの化学者。パリで勉強し,のち帰国。アレッサンドリア工科大学 (1851) ,ジェノバ大学 (55) ,パレルモ大学 (61) ,ローマ大学 (71) 各教授を歴任。揮発性化合物分子中の各元素の原子量を,アボガドロの仮説を用いて計算することに成功してアボガドロの仮説の正しさを立証し発展させたことは,化学史上高く評価されている。有名な「カニッツァーロ反応」 (53) の発見をはじめとして,芳香族化合物,アミン類の研究で大きな成果をあげ,1891年にロンドン・ロイヤル・ソサエティのコプリー・メダルを受賞した。なお 71年には上院議員となり,政治家としても活躍した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

カニッツァーロ(Stanislao Cannizzaro)

[1826~1910]イタリアの化学者。ローマ大教授。1860年、アボガドロの仮説を実証し、原子量分子量決定の方法を確立した。また、アルデヒドの不均化反応を発見したことでも知られる。カニッツァロ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

カニッツァーロ

イタリアの化学者。パレルモ生れ。1848年シチリア革命に際し義勇軍に参加したが,敗れてパリにのがれ,有機化学を研究。のち帰国し1855年ジェノバ大学教授。1860年再び義勇軍に参加,1861年パレルモ大学教授,1871年ローマ大学教授となり,同時にイタリア王国元老院に列す。
→関連項目アボガドロ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カニッツァーロ【Stanislao Cannizzaro】

1826‐1910
イタリアの化学者。1860年カールスルーエの第1回化学国際会議でアボガドロの分子仮説(1811発表)を承認し,当時の化学界の混乱を解決した。会議に配布された論文〈ジェノバ大学における化学理論講義概要〉(1858発表)は,同仮説の適用により分子量を決定し,原子量基準を水素1とすることによって化学結合を統一的に示したもので,原子価概念確立への一里塚となった。シチリア島のパレルモに生まれ,同地の大学で1841年より医学を学んだ後,ナポリピサの大学で化学を学ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

カニッツァーロ【Stanislao Cannizzaro】

1826~1910) イタリアの化学者。1860年、アボガドロの仮説を原子量・分子量決定の基準とすべきことを指摘して、長く混乱状態にあった原子量決定の画期となった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カニッツァーロ
かにっつぁーろ
Stanislao Cannizzaro
(1826―1910)

イタリアの有機化学者。シチリア島、パレルモの警察庁長官の息子。生地の大学で医学を修めたのち、ピサで化学を学ぶ間シチリア独立戦争に参加し、敗れ、パリのシュブルールの研究室に赴く。その後、アレッサンドリア公立カレッジ(1851)、ジェノバ大学(1855)、1861年のイタリア王国建国後、パレルモ大学(1861)、ローマ大学(1871)などで教授を歴任。元老院議員も務める。有機合成に有用なカニッツァーロ反応の発見者。また、アボガドロの仮説に実証的根拠を与え、化学史上最大の難問の一つであった原子量問題を解決した。
 ある容積の水素の重量と、同容積の水蒸気、塩化水素、アンモニアに含まれる水素の重量を比べると、その比は2・2・1・3となる。「等容積等粒子数」というアボガドロの第一の仮説を前提にすると、等容積の化合物に含まれる水素重量の最大公約量は分割の基本的単位と考えられ、これが原子量とよばれるべきものである。このことは水素以外の元素についても同様で、水素の原子量を1とすると、酸素16、炭素12などの値が得られる。この結果、水素など気体元素は、アボガドロの第二の仮説どおりに二原子分子となる。原子量を一義的に決めるこの原理は、これを論じた『化学哲学講義要綱』(1858)が1860年のカールスルーエ国際会議終了後に配布されることによって、化学者たちに受け入れられるに至った。[肱岡義人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のカニッツァーロの言及

【カニッツァーロ反応】より

…アルデヒドRCHOがアルカリの作用によって酸化還元を同時に起こして,アルコールRCH2OHとカルボン酸RCOOHになる反応。1853年イタリアの化学者S.カニッツァーロによって見いだされた。 2RCHO+NaOH  ―→RCOONa+RCH2OHアルデヒドとして,エノール化できないものだけがこのような反応を起こす。…

※「カニッツァーロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カニッツァーロの関連キーワードマイヤー(Julius Lothar Meyer)S. カニッツァーロベンズアルデヒドメンデレーエフ7月13日マイアーマイヤー物理化学原子論画期

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android