コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンペン Kampen(Campen), Jakob van

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンペン
Kampen(Campen), Jakob van

[生]1595.2.2. ハールレム
[没]1657.9.13. ランデンブルーク
オランダの建築家,画家。富裕な地主の子として生れ,初め画家となり,1615~21年イタリアに遊び,A.パラディオと V.スカモッツィの建築に親しんだ。ハーグのマウリッツハイス (現美術館,1633~35) は,パラディオらのバロック建築の影響を示し,17世紀オランダの最も重要な建造物とみなされている。ハールレムの新聖堂 (セント・アン聖堂,45~49) も独創的で,イギリスのレンに影響を与えた。次いでアムステルダム市庁舎 (現王宮) を建て,オランダ古典主義建築の代表的建築家となった。

カンペン
Kampen

オランダ東部,オーフェルアイセル州の都市。ライン川の分流アイセル川の河口付近に位置する。かつてのハンザ同盟都市であり,16世紀にアムステルダムが勃興するまで北西ヨーロッパの貿易の中心地の一つであった。現在は葉巻たばこ,エナメル製品,鉄鋼製品,コンクリート建材などの生産を主産業とする。 14世紀および 16世紀の聖堂など歴史的建築物が多い。人口3万 2643 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

カンペン

オランダ・バロックの建築家,画家。ハールレム生れ。絵画をルーベンスに学んだのち,イタリアでパラディオの影響を受け,17世紀オランダの市民生活に適合した質実な建築様式を創造。
→関連項目マウリッツハイス美術館

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カンペン【Kampen】

オランダ中部,オーフェルアイセル州の都市。人口3万0353(1980)。アイセル川の河口左岸にあり,かつてはゾイデル海(現,アイセル湖)に面した商業都市として栄えた。近年はアイセル湖を干拓してできた大干拓地(北東ポルダー,フレーボラント)と内陸を結ぶ交通の要衝となっており,金属工業,造船業,印刷業,食品加工業などの工業都市でもある。都市としての成立は13世紀前半で,14世紀半ば以降ハンザ同盟の一員となり,おもにバルト海地方との貿易で発展した。

カンペン【Jakob van Kampen(Campen)】

1595‐1657
17世紀オランダの代表的建築家。ハールレム生れ。画家から出発し,イタリアで建築家V.スカモッツィの影響を受け,オランダ古典主義建築の創始者となる。それはバロック的古典主義,パラディオ主義の両要素を含み,ポストPieter Postらへ継承された。代表作にはマウリッツハイス(ハーグ,1635。現,美術館),アムステルダム市庁舎(1655)などがあり,付柱を用いたやや硬直した平板な壁面造形を特徴とする。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のカンペンの言及

【ハーグ】より

…財務省の建物の一部は,オルデンバルネフェルトが1612年以降住んでいた邸宅である。マウリッツハイス美術館やアウデ・ホフ(旧城)はアムステルダムの現王宮を設計した有名なヤコプ・ファン・カンペンJacob van Kampen(1595?‐1657)の手になるものである。また首相官邸は17世紀の有名な政治家で詩人のヤコプ・カッツの邸宅であったものである。…

【ハーグ】より

…財務省の建物の一部は,オルデンバルネフェルトが1612年以降住んでいた邸宅である。マウリッツハイス美術館やアウデ・ホフ(旧城)はアムステルダムの現王宮を設計した有名なヤコプ・ファン・カンペンJacob van Kampen(1595?‐1657)の手になるものである。また首相官邸は17世紀の有名な政治家で詩人のヤコプ・カッツの邸宅であったものである。…

※「カンペン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カンペンの関連キーワードアーフェルカンプオランダ建築オランダ美術タークシン7月16日金田美香青騎士陶芸青磁

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android