ガンマ(写真)(読み)ガンマ

百科事典マイペディアの解説

ガンマ(写真)【ガンマ】

写真感光材料に光を当てたとき,その露光量(E)の対数と,それを現像したときの写真黒化度(ネガおよび透明ポジの場合は透過率の逆数の対数,焼付写真なら反射率の逆数の対数である光学濃度Dで表す)との関係を表す図を写真特性曲線という。この特性曲線の直線部分の傾斜角αの正接(tanα)をガンマ(γ)と呼び,写真感光材料のコントラストのつき方の程度を表す。γ=1.0でコントラストは被写体そのまま。
→関連項目感光度ラチチュード

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android