コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キンポウゲ(金鳳花) キンポウゲRanunculus japonicus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キンポウゲ(金鳳花)
キンポウゲ
Ranunculus japonicus

キンポウゲ科の多年草で,アジア東部の温帯に広く分布する。日本各地の山地や草地,路傍などに普通にみられる。ウマノアシガタともいう。茎の高さ 30~50cmで緑色,やや毛がある。根出葉は長い柄があり,径5~8cmの円形で掌状に3~5片に裂ける。茎葉はずっと小さく,ほとんど柄がなくて3裂し,裂片は線形となる。春に,枝分れした花序を出し,先端に径 2cmほどの鮮黄色の5弁の花をつける。花弁の上面はろう細工のように光沢があり,おしべ,めしべとも多数ある。花後はこれらのめしべがそれぞれ袋果となり,球状に集る。なお,キンポウゲの名は正しくは本種 (ウマノアシガタ) のなかの八重咲きの品種に対する名といわれるが,今日ではこの種全体の呼び名としても普通に使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android