コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロヅル Grus grus; common crane

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロヅル
Grus grus; common crane

ツル目ツル科。全長 100~130cm。頭頂は赤く,額,眼先から頬,前頸上部,後頭は黒い。眼の後ろから後頸にかけては白い。次列風切羽や尾羽,上尾筒の各先と初列風切羽は黒い。そのほかの全身は淡い灰褐色から灰色で,繁殖地の東部より西部にすむ亜種の方が色彩が暗い。三列風切羽は長く,を閉じると尾羽を覆って後方にたれる。ナベヅルに似ているが,ナベヅルは頸全体が白い。ヨーロッパ中北部からシベリアまでのユーラシア大陸で繁殖する。ヨーロッパ中部以北から中央アジアモンゴル北部,ロシア北東部のコルイマ川,南部のアムール川上流あたりまでは夏鳥(→渡り鳥)で,黒海の南部や東部では留鳥である。巣は湿原や草原の浅瀬に草を積み上げてつくる。越冬地は地中海地方やナイル川インダス川,ヒマラヤ南山麓の河川の流域などで,干潟や川の中州にねぐらをとる。湿原や農耕地で採食し,雑食で,植物質から昆虫,小哺乳類まで食べる。日本では迷鳥として全国に記録がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

クロヅル

ツル科の鳥。翼長56cm。頭頂は羽毛がなく赤い。体は淡灰色で,風切羽の多くは黒い。ユーラシアに広く分布。亜寒帯の湿地で繁殖し,冬は南方へ渡る。ヨーロッパでツルといえばこの種を指す。
→関連項目ツル(鶴)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クロヅル【Tripterygium regelii Sprague et Takeda】

深山に自生するニシキギ科の落葉性つる植物(イラスト)。幹は他物に巻きついて長く伸び,太いものは直径15cmにもなることがある。枝は稜やこぶ状の突起があって赤褐色。葉は互生して葉柄があり,葉身広卵形で長さ5~15cm,幅4~10cm,縁は細かい鋸歯があり,明るい緑色で,裏面には葉脈上に多少毛状の突起がある。7~8月頃,枝先に円錐花序を作って多数の小さい白い花をつける。花は径5~6mm,萼は5裂し,5枚の花弁と,5本のおしべがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のクロヅルの言及

【ツル(鶴)】より

…熱帯や南半球のものは留鳥だが,北半球の高緯度地方で繁殖する種は,冬季南へ渡って越冬する。日本では,タンチョウ(イラスト)が北海道に留鳥としてすみ,マナヅル(イラスト),ナベヅル(イラスト),クロヅル,カナダヅル(イラスト),アネハヅル,ソデグロヅルの6種が冬鳥または迷鳥として渡来している。 全長70~150cm。…

※「クロヅル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クロヅルの関連キーワードクロヅル(黒蔓)出水平野のツルカナダヅルツル(鶴)出水(市)出水平野鳥料理深山

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android