コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラン・チャコ グランチャコ

2件 の用語解説(グラン・チャコの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

グラン・チャコ

南米,アルゼンチン北部からボリビアパラグアイにわたる大平原。アンデス山脈パラグアイ川流域の間に南北に連なる低平なサバンナ地域。ピルコマヨノリ以北の地域は,19世紀以来ボリビア,パラグアイの係争地で,1920年に石油が発見され,チャコ戦争に発展した。
→関連項目パラグアイ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グラン・チャコ
ぐらんちゃこ
Gran Chaco

南アメリカ中央部、アンデス山脈とブラジル高原の間に横たわる標高500メートル以下の平野。ボリビア南東部、パラグアイ西部、アルゼンチン北部(南緯30度以北のパラナ川西岸)にかけて広がる。アンデス山脈に発し南東流するピルコマヨ川サラド川などの河川が堆積(たいせき)した土砂からなる平野で、湖沼や低湿地、また雨期に定期的に浸水する部分も多い。東縁部を除き年降水量600~1000ミリメートルで顕著な乾期の存在と夏季の高温を特徴とする半乾燥気候下にある。おもに落葉性の低灌木(かんぼく)林が広がっているが、局部的には草原やサバンナ植生もみられる。灌木林中に自生するケブラチョの木はタンニンの原料および用材として経済的価値が大きい。アルゼンチンのパラグアイ川、パラナ川西岸地方で綿花栽培が盛んなほかには目だった農業地域はなく、その大部分は粗放的な牧場ないし未開の原野である。[松本栄次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のグラン・チャコの言及

【チャコ】より

…グラン・チャコGran Chacoともいい,南アメリカ大陸の中央部にある広大な平原。東はパラグアイ川,西はアンデス山麓に達する沖積平野で,ピルコマヨ川以北のチャコ・ボレアルと以南のアルゼンチン領チャコに大別される。…

【パラグアイ】より

…高度は平原部の標高80m前後からパラナ高原の700~800mに及び,比較的降雨量が多く豊かな森林地帯が広がっている。西パラグアイは国土の60%を有するきわめて人口過疎な地域で,グラン・チャコ地方と呼ばれる。北西部から南東部にかけて大平原が広がり,乾燥した変化に乏しい疎林地帯となる。…

※「グラン・チャコ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

グラン・チャコの関連キーワードアントファガスタサルタバルパライソ南アメリカフォークランド戦争南米選手権チャランゴプエルトイグアス

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone