コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴマノハグサ

百科事典マイペディアの解説

ゴマノハグサ

本州〜九州,東アジアの湿った草地にはえるゴマノハグサ科多年草方形で高さ1m内外,葉は対生し,卵形。夏,茎頂に細長い花穂を出し,多数の黄緑色の花をつける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゴマノハグサ【Scrophularia buergeriana Miq.】

やや湿った草原に生えるゴマノハグサ科の多年草(イラスト)。名は胡麻葉草で,葉の形がゴマの葉に似るのでいう。紡錘状に肥大した根がある。茎は高さ1mほどで四角ばっている。葉は対生し,やや厚く卵形。7~8月ころ,直立した茎の頂部につく穂様の細長い花序に,黄緑色のつぼ状の花を多数つける。花は長さ6~7mm,上唇はまっすぐ伸び,下側にへら状の1個の仮雄蕊(かゆうずい)がある。蒴果(さくか)は卵形で長さ5mm。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴマノハグサ
ごまのはぐさ / 胡麻葉草
[学]Scrophularia buergeriana Miq.

ゴマノハグサ科の多年草。茎は直立して高さ1メートルほどとなり、根は肥大する。葉は卵形で鋸歯(きょし)がある。夏、細長い総状花序をつくり、黄緑色の小さな花を多数つける。花冠は壺(つぼ)形。4本の雄しべと1個の仮雄蕊(かゆうずい)、1本の雌しべがある。(さくか)は卵形。やや湿った草地に生え、関東地方以西の本州、九州および朝鮮、中国に分布する。日本に野生するこの属のものは、ほかにヒナノウスツボ、オオヒナノウスツボなど4種ある。名は、葉の形がゴマを思わせるのでいう。[山崎 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ゴマノハグサの関連キーワードオオヒナノウスツボ大雛の臼壺伊吹子米草次郎太郎花耆婆三礼草天人唐草黒毛蘂花千里胡麻細葉海蘭姫釣鐘柳釣鐘柳狐手袋瓢箪草島瓜草軍配蔓北見草水苦蕒水萵苣人葉草千年艾

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android