コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴマノハグサ

3件 の用語解説(ゴマノハグサの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ゴマノハグサ

本州〜九州,東アジアの湿った草地にはえるゴマノハグサ科多年草。茎は方形で高さ1m内外,葉は対生し,卵形。夏,茎頂に細長い花穂を出し,多数の黄緑色の花をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ゴマノハグサ【Scrophularia buergeriana Miq.】

やや湿った草原に生えるゴマノハグサ科の多年草(イラスト)。名は胡麻葉草で,葉の形がゴマの葉に似るのでいう。紡錘状に肥大した根がある。茎は高さ1mほどで四角ばっている。葉は対生し,やや厚く卵形。7~8月ころ,直立した茎の頂部につく穂様の細長い花序に,黄緑色のつぼ状の花を多数つける。花は長さ6~7mm,上唇はまっすぐ伸び,下側にへら状の1個の仮雄蕊(かゆうずい)がある。蒴果(さくか)は卵形で長さ5mm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴマノハグサ
ごまのはぐさ / 胡麻葉草
[学]Scrophularia buergeriana Miq.

ゴマノハグサ科の多年草。茎は直立して高さ1メートルほどとなり、根は肥大する。葉は卵形で鋸歯(きょし)がある。夏、細長い総状花序をつくり、黄緑色の小さな花を多数つける。花冠は壺(つぼ)形。4本の雄しべと1個の仮雄蕊(かゆうずい)、1本の雌しべがある。(さくか)は卵形。やや湿った草地に生え、関東地方以西の本州、九州および朝鮮、中国に分布する。日本に野生するこの属のものは、ほかにヒナノウスツボ、オオヒナノウスツボなど4種ある。名は、葉の形がゴマを思わせるのでいう。[山崎 敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゴマノハグサの関連キーワード畦菜海蘭九蓋草小米草胡麻の葉草鷺苔引艾溝酸漿塩竈菊四葉塩竈

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゴマノハグサの関連情報