サケ(鮭)(読み)サケ

百科事典マイペディアの解説

サケ(鮭)【サケ】

サケ科のサケを指すのがふつうだが,ベニザケマスノスケなどを合わせた一群の総称としても使う。サケは地方名シャケ,アキアジシロザケトキシラズなど。全長1m,あぶらびれをもち,背面は青灰色,腹面は銀白色。産卵期には紅色の斑紋を生じる。またこの時期,雄の吻(ふん)は突出して曲がるため〈鼻曲り〉と呼ばれる。 日本海と北太平洋に分布し,これらに注ぐ川に産卵のため遡(さかのぼ)る。日本における南限は太平洋側では千葉県の夷隅(いすみ)川,日本海側では山口県である。稚魚は相模湾にも出現する。産卵期は秋〜冬。雌は砂礫(されき)底に穴を掘って産卵し,砂礫で上をおおう。ニジマスなどと違って産卵後の親は死ぬ。孵化(ふか)した稚魚は春,川を下って海に入り,2〜5年で成魚となって川を遡る。 鮮魚として食用にするが,最も普通には,新巻(あらまき),塩ザケ,冷凍,缶詰,燻製(くんせい)などにする。卵は塩漬して筋子イクラとして珍重される。産卵には,生まれ故郷の川を遡るので,人工的に採卵,孵化,放流することにより,資源の減少をかなり防ぐことが可能になった。 近縁種のベニザケ(ベニジャケ,ベニマスとも)は,より北方型で,遡河の南限は,北海道東岸で,缶詰,燻製などにされる。全長50cm前後であるが,最大90cm。この陸封型がヒメマスである。マスノスケは北海道以北に分布し,サケ属中最大で全長2m近くになる。米国ではキングサーモンといって賞味されるが,日本での漁獲量は少ない。→カラフトマスマス
→関連項目石狩鍋那珂川ベニマス母川国主義

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サケ【サケ(鮭) chum salmon】

サケ目サケ科の魚(イラスト)。サケを指すのがふつうだが,他のサケ類(ベニザケ,ギンザケほか)を総称して使うこともある。 サケは各地でシャケ,シロザケ,東北・北海道でアキザケ,アキアジ(秋味)といわれ,また秋にさきがけて夏に岩手,北海道東岸に現れるサケをナツザケ,トキシラズと呼んでいる。体は小さなうろこで覆われ,側線が顕著である。海洋生活期には背部は灰青色,腹部は銀白色で体やひれには黒点がない。背びれの後方にあぶらびれと呼ばれる肉質の小さな突起がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のサケ(鮭)の言及

【移殖】より

…次にその代表例をいくつか述べる。(1)サケ 1876年に初めてシロザケの人工孵化(ふか)試験が行われた。その後81年に北海道千歳川上流にサケの孵化場がつくられ,シロザケ,カラフトマス,ベニマスなどの卵を人工孵化させ育成した稚魚を河川に放流する事業が始まった。…

【水産物貿易】より

…所得増加を背景にした水産物需要の増加は,日本での漁獲高が少ないエビ,カニ,魚卵,マグロ等にも向かいはじめ最大の水産物輸入国であったアメリカを78年に追いぬいた。輸入品目としては,冷凍エビをトップ(輸入額の20%強)に近年伸びてきたマグロ(10%),サケ・マス(6%),イカ・タコ(6%)などとなっている(いずれも1995)。エビ,魚卵,タコ,カニ等は国産ものよりも輸入ものに依存する割合が高く,エビとマグロでは日本はアメリカとの2ヵ国で世界貿易の大半を占める。…

※「サケ(鮭)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android