コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャドー シャドーSchadow, Johann Gottfried

5件 の用語解説(シャドーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャドー
Schadow, Johann Gottfried

[生]1764.5.20. ベルリン
[没]1850.1.27. ベルリン
ドイツの彫刻家。画家 W.シャドーの父。初めベルリン・アカデミーで J.タサールトに学び,1785~87年ローマに遊学して A.トリッペル,A.カノーバアトリエに学んだ。帰国後,王立陶器製作所に所属したが,88年にタサールトの後任として宮廷彫刻家となった。建築家 k.ラングハンスと協力して宮殿の装飾をするほか,90~1800年頃に多くの作品を制作。ベルリンのブランデンブルク凱旋門上の『四頭立て馬車を駆る勝利神』が最も著名。ドイツ古典主義彫刻の代表的作家であるが,同時に厳格な写実性を示している。晩年目を悪くし,芸術理論の著作に専念し,人体比例,表情に関する論文を発表。その他の主要作品『プロシア王女ルイーゼとフリーデリーケの群像』 (1797,ベルリン国立美術館) 。

シャドー
Schadow, Wilhelm von

[生]1788.9.6. ベルリン
[没]1862.3.19. ジュッセルドルフ
ドイツの画家。彫刻家 J.シャドーの子。ジュッセルドルフ派の創始者として知られる。彫刻家の父に学んだのち,J.F.ワイチュの弟子となった。 1811年ローマに行き,F.オーバーベックの影響を受け,ナザレ派に属した。 19年ベルリンに帰りアカデミーの教授。次いでジュッセルドルフ・アカデミーの学長となった (1826~59) 。代表作『ガブリエレ・フンボルトの肖像』 (18,ベルリン国立美術館) ,『羊飼いの礼拝』 (24,ポツダム) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

シャドー【shadow】

かげ。陰影。 「アイ--」
〘心〙ユング心理学で、人格の影の面を指す元型の一つ。自分が生きられなかった半面が無意識の中に残されて作られるイメージ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャドー
しゃどー
Johann Gottfried Schadow
(1764―1850)

ドイツの彫刻家。ベルリンに生まれる。王宮彫刻工房でタッサールトAntoon Tassaertに学ぶが、初期の制作は銅版画であった。カトリックのユダヤ女性と結婚するためローマに逃れ、同地で彫刻家カノーバを知り啓発される。1787年ベルリンに帰り、88年タッサールトの後を継いで王宮彫刻工房の指導者となる。写実の生動感を取り入れた古典主義の代表者として、ブランデンブルク門上の『四頭馬車を駆る勝利の女神像』をはじめ王宮関係の建築装飾、記念碑、王侯貴族の肖像彫刻を制作。1815年以降ベルリン美術学校の校長を務め、ベルリンに没。なお、息子ウィルヘルムWilhelm von Schadow(1789―1862)はローマのナザレ派に加わった画家。ベルリン生まれ。1826年デュッセルドルフ美術学校長となり、同地の画派の基を築いた。[野村太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シャドーの関連キーワード鈴木源之丞鈴木春信レザーノフ浮世絵江戸褄伝馬騒動薩摩義士勝山藩荒れ鼠石塚竜麿

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シャドーの関連情報