シャモ(和人)(読み)シャモ

百科事典マイペディアの解説

シャモ(和人)【シャモ】

シャモsamoはアイヌ語〈シサムウタラsisam-utar〉あるいは〈シサムsisam〉の略で,アイヌの人々からみた和人(日本人)の意。《萱野茂のアイヌ語辞典》によると,シ=私,サム=側(近く),ウタラ=仲間(隣人)。津軽海峡を隔てた日本(国)は〈シサムモシリsisam-mosir〉といい,モシリの原義は静かな大地(国・国土・島などをさす)。
→関連項目アイヌ商場蝦夷蠣崎氏国後・目梨の戦コシャマインの戦コタン山丹交易シャクシャインの戦道南十二館

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android