コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スミレ(菫) スミレViola; violet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スミレ(菫)
スミレ
Viola; violet

スミレ科スミレ属の植物の総称で,ほぼ世界の全域に自生し約 500種がある。きわめてまれには木本性のスミレも知られる (アンデス地方やハワイ) 。花は特徴ある左右相称形で5弁の花弁のうち唇弁が大きく,その後尾は筒形のをつくる。日本には約 50種の自生が知られ,花の美しいものが多い。観賞用にはヨーロッパ原産のニオイスミレ (匂菫) サンシキスミレ (三色菫) が普通に栽培される。単にスミレの名で1つの種を呼ぶ場合は次の種をさす。スミレ V. mandshuricaスミレ科の多年草。東アジアの温帯各地に分布し,日本でも全土で野原や土手,路傍などに普通にみられる。葉は多数根生し,翼のある長い柄があって葉身は長さ4~8cmの三角形状の披針形。先は鈍く縁に浅い鋸歯がある。春,葉とほぼ同じ高さの花茎を伸ばし,その先に左右相称の濃紫色の花を横向きにつける。5枚の花弁のうち唇弁の基部は伸びて円柱形の距となる。花後に長楕円形の 蒴果を結ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

スミレ(菫)の関連キーワードバイオレットスミレ科

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android