コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スンナ派 すんなは

知恵蔵の解説

スンナ派

スンニ派」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

百科事典マイペディアの解説

スンナ派【スンナは】

シーア派と並ぶイスラムの二大教派の一つで多数派。〈スンニ派〉とも。ムハンマドの言行を記録した〈スンナ〉に従う人びとを意味する。スンナ派には分派はないが,法律(シャリーア)の解釈をめぐってマーリク派ハナフィー派シャーフィイー派,ハンバル派の4法学派がある。
→関連項目アイユーブ朝イマームカフカスクルドダゲスタンチェチェンニザーム・アルムルクブハラ・ハーン国マフディーマムルーク朝レバノン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スンナは【スンナ派 Sunna】

シーア派とともにイスラムを二分する一派。スンニーSunnī派とも呼ばれる。イスラム共同体内で圧倒的多数を占めるため,しばしば〈正統派〉と呼ばれるが,これはあくまでもスンナ派側からみた場合の呼称である。正式には〈スンナと共同体の民ahl al‐sunna wal‐jamā‘a〉といわれる。その意味は,イスラム共同体が全体として受け入れてきた預言者のスンナ(慣行,範例)に従う人々ということである。イスラムにおいてスンナといえば,それは預言者ムハンマドのスンナのことであるが,それを具体的にどのようにして知るかで意見が分かれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

スンナは【スンナ派】

〔スンニー派とも〕
イスラム教の一派。全イスラム教徒の約九割を占める。ムハンマドの後継者としてアブーバクル・ウマル・ウスマーン・アリーの正統四カリフを認め、ハナフィー・マーリク・シャーフィイ・ハンバルの四つの法学派を公的な法解釈の学派とする。 → シーア派

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スンナ派
すんなは

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のスンナ派の言及

【イスラム】より

…しかしアフリカでは毎年かなりのムスリムの増加が見込まれ,旧ソ連地域,中国のムスリムの数はつかみ難い。610年にわずか数人の信者をもって始められたイスラムは,その後1400年近くを経た現在,西はアフリカの大西洋岸から東は東南アジアの島々にまで広がって6億の信者をもち,その大部分がスンナ派,約1割がシーア派に属する。
[コーランの世界]
 ムハンマドは610年のある日,唯一神アッラーの啓示を受け,自ら神の使徒としての自覚を抱き,最後の審判の日に備えるよう人々に警告を発した。…

【相続】より

…アサバがいない場合,〈割当相続人〉に割り当てた後の残余は,国庫bayt al‐mālに入り,アサバも〈割当相続人〉もなく,国庫もシャリーアで運用されていないときに,初めて(3)の母系親族に分けられる。 以上は正統派であるスンナ派の法の一般法則であって,部族的色彩を濃く残していることがうかがえる。これに反し,シーア派の法ではコーランを独自に解釈して別の相続体系を組み立てた。…

※「スンナ派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スンナ派の関連キーワードラシード・アリー・アルキーラーニーダーウード・アッザーヒリーチャハール・アイマークマーリク・ブン・アナスヌール・アッディーンマザーリ・シャリーフシルバン・シャー国マートゥリーディーアブー・ハニーファイブン・アサーキルイブン・ハンバルウズベク[人]ザマフシャリーパシュトゥン人マーワルディーキルギス[人]イブンハンバルアシュアリー派アーシューラーサファビー朝

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スンナ派の関連情報