コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セグロカモメ セグロカモメ Larus argentatus; herring gull

3件 の用語解説(セグロカモメの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セグロカモメ
セグロカモメ
Larus argentatus; herring gull

チドリ目カモメ科。全長 60cm。成鳥は体の大部分が白色で,背と翼の上面が灰色。翼の先端は黒色で,白斑がある。嘴は黄色で,下嘴先端に赤斑がある。脚は肉色。北半球北部で繁殖し,日本には冬鳥として各地の海岸に渡来する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

セグロカモメ

カモメ科の鳥。翼長44cm。大型のカモメで,背中は青灰色。オオセグロカモメに似る。ユーラシアの中・北部と北米に広く分布する。日本へは冬鳥として全国に渡来する。冬季は他のカモメ類とともに混群をつくり,港や河口,海岸などで見られる
→関連項目カモメ(鴎)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セグロカモメ
せぐろかもめ / 背黒鴎
herring gull
[学]Larus argentatus

鳥綱チドリ目カモメ科の海鳥。全長約61センチメートルの大形種。北半球中緯度以北の沿岸や内陸湖沼に広く分布、繁殖する。日本列島では繁殖しないが、冬季に本州以南に渡来する。この種と置き換わってオオセグロカモメオホーツク海沿岸地方で繁殖し、冬季にはわずかに南下する。沿岸性動物をとらえるほか、海岸に打ち上げられた動物の死体を食べ、内陸で小哺乳(ほにゅう)類もとらえる。また、繁殖地ではほかの海鳥を襲い、卵や雛(ひな)を強奪したり、餌(えさ)を横取りするなど、さまざまなものを食べる。ヨーロッパでは各地に集団繁殖地があり、社会生活が研究されてきた。なかでも、行動生物学創始者の1人であるイギリスの動物学者ティンバーゲンによる『セグロカモメの世界』(1958)は著名である。[長谷川博]
『ティンバーゲン著、安部直哉他訳『セグロカモメの世界』(1975・思索社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セグロカモメの関連キーワードカモメ白鴎背黒鴎盗賊鴎フランクリン鴎あかのカモメちゃん北海道檜山郡江差町かもめ島カモメ(鷗)セグロカモメ(背黒鷗)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

セグロカモメの関連情報