コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソーダ沸石 ソーダふっせき natrolite

3件 の用語解説(ソーダ沸石の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソーダ沸石
ソーダふっせき
natrolite

沸石の一種。 Na2Al2Si3O10・2H2O の組成をもつが,ナトリウムの代りにカリウムカルシウムが置換する。斜方晶系,比重 2.20~2.26 ,硬度 5 。霞石などの変質鉱物として産する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ソーダふっせき【ソーダ沸石 natrolite】

含ナトリウム沸石に属する鉱物。化学成分はNa2(Al2Si3O10)・2H2O。斜方晶系に属し,長柱状,粗い針状の結晶となるが,繊維状結晶の放射状集合体をつくることもある。へき開は柱の方向に良好である。比重2.20~2.26,モース硬度5。無色,白~灰色,ときに淡紅,淡黄色を示すものもある。焦電性を示し,塩酸により分解しゼラチン状になる。玄武岩など火山岩の空隙中に他の沸石類やオパールなどと伴って産出する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソーダ沸石
そーだふっせき
natrolite

沸石の一種。針状ないし正方柱に近い斜方柱状をなす。玄武岩、アルカリ玄武岩またこれらの岩質の凝灰岩の空隙(くうげき)中に、方沸石、トムソン沸石、中沸石、ゴンナルド沸石などと産する鉱物である。また蛇紋岩に伴われる変成した塩基性凝灰岩中の脈として、方沸石、ペクトライトなどに伴って産する。ほかに霞石閃長(かすみいしせんちょう)岩のペグマタイト中に最末期晶出物としてみられる。名称は化学成分による。[松原 聰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソーダ沸石の関連キーワード酒石酸ナトリウムカリウム沸石二クロム酸ナトリウムナトリウムアマルガムナトリウムアルコキシドメソトリウムナトリウム炎セスキ炭酸ナトリウム低ナトリウム血バリウム鉱物

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone