チタン(元素)(読み)チタン

百科事典マイペディアの解説

チタン(元素)【チタン】

元素記号はTi。原子番号22,原子量47.867。融点1666℃,沸点3289℃。チタニウムとも。元素の一つ。1789年グレゴール,1794年クラプロートが発見,1825年ベルセリウスが単離。鋼に似た光沢のある銀白色の金属。展延性があり,加熱によって鍛えられ,強度・硬度大。空気中で安定。表面に酸化被膜をつくるため耐食性が大きく,特に海水に対する耐食性は白金に次ぐ。このため化学工業装置材料として重要で,また軽くて強く耐熱性にすぐれるところから,合金としてジェットエンジン,超音速機構造材料などに使用。チタン白など酸化物の用途も広い。地球上に広く分布し,存在量も多い。主要鉱石はルチル,チタン鉄鉱。工業的にはクロール法による生産が最も普通で,鉱石から酸化チタンを分離し,これを塩化チタンに変えたのちマグネシウムで還元して金属チタンとする。溶融塩電解法の開発も進められている。
→関連項目インプラントスパイラル・テープ耐候鋼耐食合金チタン合金レアアース

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チタン(元素)
ちたん
titanium

周期表第4族に属し、チタン族元素の一つ。原子番号22、元素記号Ti。チタニウムともいうが、それは学術用語としては正式名称ではない。[岩本振武]

歴史

1795年ドイツのクラプロートは鉱物ルチルから新しい金属元素を発見し、ギリシア神話のティタンTitanにちなんで命名した。のちに彼は、これが1791年イギリスのグレーガーWilliam Gregor(1761―1817)がチタン鉄鉱からすでに発見していた元素メナチンmenachin(発見地Menachanに由来する命名)と同一の元素であることを明らかにしたが、元素名としてはチタンが採用された。単体の金属は1825年スウェーデンのベルツェリウスがヘキサフルオリドチタン酸カリウムのカリウム金属還元によって得た。[岩本振武]

存在と製法

地殻中に広く分布しており、ルチル、板チタン石、鋭錐石(えいすいせき)などの酸化チタン()鉱物があり、砂鉄中にもチタン鉄鉱FeTiO3が含まれている。鉱石中の酸化チタンをコークス、木炭などの炭素および塩素で処理して塩化チタン()とし、これを蒸留精製(沸点136.4℃)してマグネシウム還元すると金属チタンを得る。これを加熱して不純物を除くと、スポンジチタンとよばれる純度99.6~99.85%の金属となる。これをヨウ素と250~300℃で反応させてヨウ化チタン()とし、その蒸気を熱分解すると99.96%程度の高純度チタンを得る。[岩本振武]

性質と用途

単体金属は銀白色、常温では六方晶系のα(アルファ)形、882℃の転移温度で立方晶系のβ(ベータ)形に転移する。高純度金属には展延性があり、耐食性がある。通常の金属は冷時にもろく、容易に粉末化できる。炭素、窒素、酸素などの非金属元素不純物は加工性に大きく影響するので、融解、鋳造、熱処理などは真空中あるいはアルゴン気流中で行う。自重に対する機械的強度比は鉄の約2倍、アルミニウムの約6倍に達し、熱伝導率、熱膨張率が小さいので、航空機、船舶その他の軽量構造材に使われ、化学工業用耐食性容器にも利用される。耐海水性も高い。冶金(やきん)技術上の問題から高価格にはなるが、性能面ではとくに重要な金属材料となっている。
 常温の空気中では安定であるが、25気圧の酸素中で自然発火し、新しい表面は常温でも自然発火する。窒素中でも800℃で燃え、窒化チタンTiNとなるが、窒素中で激しく燃焼する唯一の元素であるといわれている。酸化数+、+、+の化合物が知られ、+が安定であり、+がこれに次ぐが、3価の化合物は一般に強い還元剤となる。[岩本振武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android