コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チュウシャクシギ チュウシャクシギNumenius phaeopus; whimbrel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チュウシャクシギ
Numenius phaeopus; whimbrel

チドリ目シギ科。全長 37~47cm。が長くて下側に湾曲し,ダイシャクシギホウロクシギに似るが,小型である。羽色は眉斑と頭央線がくすんだ白色で,頭側と過眼線が暗褐色。頬,喉,腹はくすんだ白色だが,同じ色の頸,胸には褐色の縦斑が密にあり,脇には褐色の縞がある。背の白い亜種もいるが,一般に背,雨覆羽は褐色地で白斑がある。腰は白く,尾羽はくすんだ白地に褐色の縞がある。繁殖地はグリーンランド南端,アイスランドヨーロッパ北部,ロシア高緯度地方,アラスカ半島カナダ北西部とハドソン湾西部地方に不連続に位置する。巣はツンドラにつくり,繁殖地では無脊椎動物のほか漿果(→液果)も食べる。繁殖後は亜熱帯から南半球の沿岸に渡る。この時期の食べ物はカニが多く,嘴で泥の中を探ってとる。日本は春秋の渡りの中継地で,干潟や岩礁地帯,河口,沼沢地などに小群で渡来する。「ぽっ,ぽっ,ぽっ」という清涼な声で鳴く。(→渉禽類

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

チュウシャクシギ

シギ科の鳥。翼長24cm。大型のシギで,長く下に湾曲したくちばし,長い足と首をもつ。ユーラシアと北米の寒帯や亜高山のツンドラで繁殖し,冬季は南方へ渡る。日本へは秋と春に旅鳥として渡来する。
→関連項目ダイシャクシギ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チュウシャクシギ
ちゅうしゃくしぎ / 中杓鷸
whimbrel
[学]Numenius phaeopus

鳥綱チドリ目シギ科の鳥。ユーラシアの北部、アラスカハドソン湾西海岸などで繁殖し、冬は南へ渡る。日本には旅鳥として春と秋に多数渡来する。全長約42センチメートル、嘴(くちばし)は長くて下に曲がっている。体は褐色で黒褐色の縦斑(じゅうはん)があり、腰の部分は白い。干潟や海岸の草地で、カニ、貝、バッタなどをあさる。ホウロクシギやオオソリハシシギと混群をつくり、飛び立つときや飛翔(ひしょう)中に、ピピピピピピピッと7回笛を鳴らすように鳴くのが、英語の異名seven whistlerの由来である。ツンドラの地上に巣をつくり、4個の卵を産む。[高野伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

チュウシャクシギの関連キーワード岩下優奈髙橋輝カミツキガメスズガモ(鈴鴨)成都揚子山漢墓トビウサギ(跳兎)南山新城碑ハイエナホイペット[種]ホオジロガモ(頰白鴨)

チュウシャクシギの関連情報