ディレッタント(英語表記)〈英〉・〈フランス〉dilettante

デジタル大辞泉 「ディレッタント」の意味・読み・例文・類語

ディレッタント(〈英〉・〈フランス〉dilettante)

芸術学問趣味として愛好する人。好事家こうずかジレッタント
[類語]物好き酔狂好事家こうずかおたく狂い気違いマニアマニアック病的クレージーいかれる神経質凝り性モノマニアモノマニアック偏執狂執念深いアブノーマル異常異様狂的つうこだわりこだわる道楽れ者凝り屋執拗しつようしつこいサブカルチャー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「ディレッタント」の意味・読み・例文・類語

ディレッタント

  1. 〘 名詞 〙 ( [英語・フランス語] dilettante )[ 異表記 ] ジレッタント
  2. 学問や芸術などを趣味として愛好する人。好事家
    1. [初出の実例]「所謂旁修美術家(ヂレッタント)は専門の美術家にあらずして〈略〉其画を論ずるや美術友たり」(出典:外山正一氏の画論を再評して諸家の駁説に旁及す(1890)〈森鴎外〉序)
    2. 「或る時は素養の深い若いディレッタントのやうに高尚に」(出典:或る女(1919)〈有島武郎〉前)
  3. ( 転じて ) 半可通。なまかじり。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ) 「ディレッタント」の意味・わかりやすい解説

ディレッタント
でぃれったんと
dilettante

芸術愛好家、好事家(こうずか)。本来イタリア語で熱心な音楽愛好家を意味したが、現行は芸術一般の愛好家をさす。芸術研究の体系的、学術的専門家と異なり、趣味嗜好(しこう)から芸術品の蒐集(しゅうしゅう)、鑑定、研究を行うもので、玄人(くろうと)はだしの域に達する人も多く、しばしば専門家の盲点をつくこともある。一般には、半可通の芸術知識をひけらかす人をさげすんでいうことが多い。

[船戸英夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android