ディレッタント(英語表記)〈英〉・〈フランス〉dilettante

大辞林 第三版の解説

ディレッタント【dilettante】

学問や芸術を趣味として愛好する人。好事家こうずか

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ディレッタント
でぃれったんと
dilettante

芸術愛好家、好事家(こうずか)。本来はイタリア語で熱心な音楽愛好家を意味したが、現行は芸術一般の愛好家をさす。芸術研究の体系的、学術的専門家と異なり、趣味嗜好(しこう)から芸術品の蒐集(しゅうしゅう)、鑑定、研究を行うもので、玄人(くろうと)はだしの域に達する人も多く、しばしば専門家の盲点をつくこともある。一般には、半可通の芸術知識をひけらかす人をさげすんでいうことが多い。[船戸英夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ディレッタント

〘名〙 (dilettante)⸨ジレッタント⸩
① 学問や芸術などを趣味として愛好する人。好事家。
外山正一氏の画論を再評して諸家の駁説に旁及す(1890)〈森鴎外〉序「所謂旁修美術家(ヂレッタント)は専門の美術家にあらずして〈略〉其画を論ずるや美術友たり」
※或る女(1919)〈有島武郎〉前「或る時は素養の深い若いディレッタントのやうに高尚に」
② (転じて) 半可通。なまかじり。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ディレッタントの関連情報